気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

MF文庫J

14歳とイラストレーター4

ico_grade6_3

「どれほど自分にとって大切な人だろうと、手が止まる原因になるなら、それを遠ざけなければ、創作はできないよ」

 

ハラミとの交流の際に「ユウトの事好きだよね」と聞かれたことを……当の本人の前でぽろっと零してしまったナスさん。

言った方も言われた方も固まってましたが。ちゃんと切り替えて話し合っていたあたりは大人な対応だなぁ、と言いますか。

 

人を好きになった経験、誰かと付き合った経験、そうしたものに疎い二人なので、どうにも見ていてじれったい感じの会話をしていましたけどね。

ナスさんの宣言は、自分の気持ちが分からないのでもう少し答えを先延ばしにするものではありましたが……アレはもうほぼ告白だと思うけどな……

 

今回はプロの世界に飛び込む新人さんとのエピソード。

マリィの新作にネットで話題の新人が挿絵を描くことになって。最初に提出された絵は良かったけれど、キャラデザに入った段階でマリィの感性に合わず、リテイクを繰り返していたとか。

 

今回の仕事トークだと、入稿の時期とか……その遅れで刊行が伸びたとかの編集者側の声がちょっと入ってましたねぇ。

知り合いにそっち方面の仕事している人が居て、「原稿が来ないと仕事がないが、いざ原稿が来た時にすぐ動けるように待機してる時間がある」とかぼやいてたよなぁ。どこもかしこも大変だ。

当初は刊行される予定だったのに延期になった場合とか、書店店頭での問い合わせもぽつぽつ入るから大変なんだよなぁ……

 

マリィがだいぶ感覚派なので、絵を描くことになった白砂さんは困惑していましたが。

絵を仕事にする、ということの大変な部分がプロ寄りで描かれていった感じ。

マリィとの付き合いが長いユウトにアドバイスをもらって何とか乗り切っていましたが……その時のトークでマリィが刺激を受けて、ユウト宅に乗り込んでまだ問題発言していましたが。モテモテですな、ユウト。



14歳とイラストレーター4 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-11-25


14歳とイラストレーター3

ico_grade6_3

「いや、そういうんんじゃなくてね。どうしても例えるのなら……ラスボス」

「ラスボス」

「姉さん、ものすごくクオリティの高いイラストを出して、“落書きです”とかコメントするときあるじゃん? あれって“今のはメラゾーマではない。メラだ”って感じだよね。まさに大魔王」

 

冒頭のこのトークで笑った。

今時の子に「メラゾーマではない。メラだ」ネタ通用するのだろうか……「ダイの大冒険」懐かしいなぁ。

姉と折半で買っていたシリーズなので、実家に置いてきてしまったんですよねぇ。今度帰ったときにでも発掘して読み返そうかしら。

 

大手レーベルからの依頼を受けていた悠斗。

しかし、同じくイラストレーターの姉が「その仕事私がすることになった」と宣言して。

錦にブラコンなのに、仕事の横取りしようとするなんておかしいと訝しんでましたが……

いや、うん。ブラコン凄いわ……あそこまでつき通していれば尊敬でき…ないな。うん。

わだかまりも解消されて、大っぴらにしていなかった姉弟関係を公表してましたが……大暴走って感じで、本当悠斗はお疲れ様ですとしか。

 

イラストレーターのランクについての錦の持論、カバーイラストについての考えとか、中々興味深かったです。

あの辺の仕事トークが合間合間にあるのが、個人的には気に入ってます。

今回のメインイベントは姉との勝負ですが、途中でマリィとPCを買いに行ったり、乃ノ香に誕生日を祝ってもらったり、ナスさんの引越しを手伝ったりと交流イベントも混ざっていて、バランスが良いと言いますか。

割とサクサク読めるので、読後感悪くないのもポイント高め。

さて最後ナスさんが爆弾投下してましたが、どうするんだコレ。

14歳とイラストレーター3 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-07-25


14歳とイラストレーター2

ico_grade6_3

「私には書くことしかない」

「僕も同じようなものだよ。だから、やめないし、やめられないし、やめたくないんだ」

 

イラストレーターの悲喜交々を描くラノベ第2巻。

悲要素は大体ハラミ担当な気がしますが。うっかりが過ぎるってレベルではない、というか。彼女の相手をする担当編集さんはかなり胃が痛いんではないかなぁ……

同業の二人、悠斗と錦も話を聞いたとき寒気を感じたり、後ずさったりしたからな。

「テ、テロい……爆弾だぜ、こいつは……!!」という錦の発言が全てを物語っている……

 

前回の一件から、ナスさんとの交流も続いていて。

乃ノ香も相変わらず悠斗の職場に入り浸っていたりしていますが。

新しい仕事の依頼がやって来て、それのイラストを練っているところに、悠斗が絵を担当しているラノベの作家が来訪して。

編集とのやり取りでストレスが溜まったとかで、突発的な旅行を計画していました。

悠斗が別の編集者から情報を仕入れて考えた結果、同行する事になりましたが……コレ、悠斗が一緒じゃなかったら、本当にどうなっていたやら。

洒落じゃなく東京に帰って来られなかったんじゃないかなぁ……個性的な人だ。

 

今回も仕事事情トーク何かが合間に挟まってましたねー。

ラノベのイラストの権利の話とか色々。巻末の「溝口ケージ先生の用語解説コーナー」も笑えた。「折本」の辺りとか、



14歳とイラストレーター2 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-03-25


なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか? 運命の剣

ico_grade6_3

「見せてみろっていったよな冥帝。だから見せてやる」

「何をだ? 人間の強さか。可能性か。未来か」

「――真髄を」

 

悪魔や天使といった異種族と、人類。

5つの種族が地上の覇権を争い……一人の英雄の活躍によって、人類が勝利した時代。

四種族を封印する事に成功したが……もし、封印が解かれたら。それによって大戦が再発したら

そうした有事の際に備えるために「人類庇護庁」が戦後設立された。

国民に兵役を貸し、その中で四種族に対抗するための知識等を伝えていく組織なんですが。

長い時間が流れ、封印がほころぶ様子もない、という事で庇護庁の兵役もほぼ形だけのものになってきて。

そんな中カイは、平和な世で悪魔を見たことがあって。故に、兵役にも真面目に取り組んでいたが……

                                            

ある日、世界が「人類に英雄が立たず、大戦で敗北した」状態に上書きされる異常事態が発生して。

友人たちも、ほぼカイの記憶通りの性格や癖などを有している物の、「勝利した未来」の記憶と……カイの事だけを忘れていて。

ただ一人、違う未来の知識を持ったカイは混乱の中……特殊な事情があるらしいリンネという少女を保護して。

 

彼女は、かつて人類を勝利に導いた英雄――シドの名前を憶えていて。

二人で改変前の世界に戻るための手法を探る事に。

そうやってちょっと前向きになったところで、避難場所に悪魔たちが襲撃してきて。

カイはこれまでの経験と知識で、その撃退に寄与。

人類反旗軍の上層部と対面する事に。

 

嘘のように聞こえる本当の話、を嘘か真実かという点ではなく「その話でもたらされた情報が有用かどうか」で判断できるあたり、有能ですねー。

敵にアジトが知られてしまった事、カイから情報を得られた事など理由はいくつかありますが、反攻に転じることに。

割と綱渡りではありましたが……意地を貫き通したカイに軍配が上がって。

「書き換えられた世界」について、気になる情報も出てきましたし、序章も良い所ですから続きに期待。



機巧少女は傷つかない16 Facing “machine doll Ⅱ“ 下

ico_grade6_3h

(こんなすげえ奴が、俺の仲間だ)

やはり捨てたものではない。この人生も、今日までの旅も。

だからこそ、そのすべてを否定するような結末は受け入れられない。

 

終わった……長く続いたシリーズ、それもお気に入りのシリーズの終わりは、やはり満足感もありますが、ちょっと寂しくもあるような。

……この作品に関しては、クライマックスで待たされ続けたので最後まで読めたという満足感の方が強いですけど。

 

個人的には今回の雷真の暗殺者ムーブが好きです。

戦闘能力が上がった雷真が刀を手に、小紫と一緒に忍び寄って切り伏せたり、相手の死角へ回り込む動き。

魔術師の階梯も高位になってますし、真面目に雷真が暗殺者やったら対応できるのって本当一握りなのでは……

 

あちこちで戦闘が起こっているので、一つ一つは結構テンポよく片付いていきますが。

対応しているのが一人だけだったら負けていたり、打つ手がなかったりしただろう、って場面はあちこちにあって。

これまでの夜会を送ってきた日々は、決して無駄な時間ではなかったと証明されたのが良かった。

 

エピローグで、秘術を盗るためにロキと薔薇の師団に忍び込む計画を練ったりしてましたが。

……今のあの二人に突撃かまされたら、かなりたまったものではない、というか。魔王級二人VS金薔薇の遺産争いでゴタゴタした組織……うまくすれば壊滅させられるのでは? 南無。

これからも、争いには事欠かなそうな就職口を得ていましたが。まぁ、これまでやってきたことをやり続けるだけで良い、と思えばある意味天職なのでは。



機巧少女は傷つかない16 Facing “machine doll Ⅱ“ 上

ico_grade6_3

「いや、改めて思ったんだ。俺ってやつは、めちゃくちゃついてる」

(略)

「思い返してみれば、いつも俺には運があった。でなきゃ、ずっと前に死んでるはずだ。俺はいつだってギリギリのところで、誰かに、何かに、救われる」

 

遂に刊行された、完結巻。上下巻で同時発売。

正直このラストエピソードを見ることは出来ないのではないかと半ばあきらめかけてましたが。

こうして無事に刊行されて、ほっとしてます。

 

過酷な道を歩みながらも、誰かに助けられながら進んできた雷真は自分を「ついてる」と評してましたが。

家族が死に、仇討の為にやってきて、何度も死にかけて、それでもついてると言える彼の心の強さは凄まじいですね……

天全の前に立ち、持てる全てでぶつかる雷真。最初はなすすべもなかった相手に、追いすがり、戦いの中で成長しその力を認めさせた。

平坦な道ではなかったけれど、それを踏破した雷真と雪月花のコンビネーションは、成長したなぁと感慨深かった。

 

そして、赤羽一門が壊滅した理由や天全の真意など多くの情報が明かされていって。

赤羽一門ってのは不器用な家系なんですかね……

天全を倒し、真実を知り……得難いものを取り戻した代わりに、かけがえのないものを失う、というのはまた。

運命というのは、この局面においても雷真に負担を強いてくるんだな……

流石の雷真も、動けなくなりそうになったところでシャルに後押しをされて、動き出せたのは何よりでした。

 

が、雷真が天全と戦っている間も、王子様と薔薇の暗躍は続いていて。

ついに神性機巧が完成し、おまけにその段階に及んで学院への襲撃が再開されて。

絶望的な状況で、雷真が賭けではあるけれど道を示して。ここまで来て諦めるのも彼らしくないですし、最後まで意地を見せてほしい所。



世界の終わりの世界録10 再来の英勇

ico_grade6_4

「これでようやくだ。ようやくお前に挑むところまでたどり着いた」

(略)

「お前がどれだけ世界を閉ざそうと、俺は、その未来を超えていく!」

 

シリーズ完結巻。

神聖都市に乗り込んだレンたちを迎えたのは、最悪の力を持った「三起源」。

誰も彼も厄介な能力持ちで、それが二体も残ってて、ラスボスも待っているのに、本当に10巻で終わるのか、とちょっと心配だったんですが。

よくこのページでアレだけの戦闘盛り込んだな、と大満足。

 

未だ行動を続ける始祖獣ネビュラ。

黄金の夜明けやエリエスに夏蕾、レスフレーゼまでも巻き込んで協力プレーで撃退。

……一度撃退したかと思ったら復活するんだから、しぶといにもほどがありましたけど。

特務騎士団の連中は、虚構精霊の暴走と三起源最後の一体と遭遇して壊滅状態に。

レンたち主人公チームに倒されることもなく、道中のハードルで脱落とは……何とも情けない。

一人放浪していた騎士王ゼルブライトが現れなかったら、壊滅どころではなく全滅になっていたでしょうけど。

……他のところがチームプレーで倒しているのに一人で勝利を掴み取ってる辺りあのオッサンの戦闘能力は桁外れですね。

 

黄金の夜明けとの交流を経て、ミスティは他の沈黙機関とは違う答えを出し。

そのミスティの姿を見て、フィオラもまた以前とは違う答えを出した。

レンの旅路も、黄金の夜明けの旅路も決して無駄じゃなかった、って言うのがいいですねー。

最後、新しい旅へ繰り出したレン達が楽しそうで、いいエンディングだったと思います。



剣魔剣奏剣聖剣舞

ico_grade6_3

「――固い決意とか強い想いとかそうういうのなんてさぁ、現実の強さとは何の関係もないんだって思い知ったでしょ?」

 

神剣という強力な力を持つ剣と、それを扱う剣聖が存在する戦乱の時代。

兵の数で負けていても強力な剣聖が居れば、戦線を維持……ともすれば反撃すら叶う、という強大な戦力で。

故に、神剣も剣聖もかなり厳重に管理されていたり、要職についてたりすることが多いわけですが。

 

立場に縛られぬ自由な剣聖、リューイン。

彼は冒頭から神剣を輸送していた部隊を襲撃し、強奪。

それを敵国に持っていって交渉のネタにした……と思ったら、輸送していた側の要塞に堂々と入り込んで食事をする。

お前は一体何をしたいんだ、と。いやはや、ここまで勝手気ままにやられると、いっそ気持ちいい感じすらしますね。

 

実際のところ、かなりの外道ですけど。

賭けに負けた相手にさらに追い打ちをかけたあたりとかは、庇いようがないかなぁ。

「つまんない立場なんてものに縛られてるから、ほら、今もぼくに手をだせずにいるわけでしょ?」

とか言ってのけますからねぇ。ただ、彼が自由に振る舞う裏には、確固たる目的があって。探し物を見つける為には、手を選ばない。下手に仕官して立場を得ると行動を束縛されるから、自由に動く。

そして勝手気ままにふるまって、他の剣聖に殺されないだけの腕も備えている。そんな彼がこだわった剣聖ソーロッド。

彼女には幼少期の記憶が無いって話ですし、何が隠されているのか気になるところです。

 

剣魔剣奏剣聖剣舞 (MF文庫J)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-02-25
 

 

世界の終わりの世界録9

ico_grade6_3h

「その終焉を超えてこそ英勇なんだろうが……!」

 

神聖都市の入り口に辿り着いたレンたち。

最も、そこでトラブルがあって、別の場所へ飛ばされてしまったわけですが。

その飛ばされた先が、天使や悪魔を捕えた監獄で。まだ見つかっていないフィアがここにいるのではないか、と探索しています。

転移した先で、シオンの仲間であるガブリエと合流し、エルメキア・ダスクの連中と一戦交えた末に、ついにフィアと合流。

 

そして、その足で今度こそ神聖都市に足を踏み入れることとなったわけですが……

神聖都市には未だに、三起源が救っていて。エリエスやシオン、そのパーティーやレンと三大姫など、強力なメンバーがそろっていますが、容易く撃退できる手合いでもなく。

分断されたり、それ以外の勢力……沈黙機関やエルメキア・ダスクも入り込んで、かなり混沌とした状況になっております。

 

その中で、レンたちはまだ生きていた施設から、世界録が作られた目的などの情報を得たりもしています。

『黄金の夜明け』の面々も、この神聖都市に入り込んでいて、戦力的には場違いな彼らですが……沈黙機関のミスティと培った絆は本物で。

オマケに、悪魔まで引き込んでいる辺り、団長の勧誘能力凄いな……

5月発売予定の10巻で完結の想定だそうで、盛り上がってきてますね。

一人で大陸放浪しているゼルブライトも都市に到着してるようですし、それぞれの決着がどんな形になるのか今から楽しみなんですが……これ本当に後1冊でまとまるのだろうか……

 

ノーゲーム・ノーライフ8 ゲーマー兄妹たちは布石を継いでいくそうです

ico_grade6_3h

「約束したんだよ……二度と、この手を放さないし――」

「……後悔して、死ぬのも……もう……いや、って……」

 

神霊種との双六ゲーム、決着。

最後の難関は、かの大戦を再現したジブリールの提示するゲームで。

早々にゲーム盤から脱落したプラムが全盛期の吸血種として、いの、クラミ―、フィールを圧倒していますが……

十の盟約の制限が無い世界で戦争して、よくもまぁ、この世界原型保っていたもんだな、と改めて思いました。えぇ。

 

さて、ジブリールがなぜこんなゲームを始めたのか、という理由も描かれてましたが。

サイコロを使用すると、質量存在時間を失う。

他の面々は、肉体年齢が減少する形で表れていましたが……ジブリールは、魔法生命であるが故事情が異なって。

 

想像を絶する恐怖を体験する羽目になり……それ故に、空と白に挑む決心をしたようですが。

テトの降臨という強制終了イベントがない大戦を、制限時間の関係で恐ろしい速度で進んでいく戦略ゲームを乗り切り、時間終了までしのぎ切ってしまうんだから流石空白というか。

 

今回のゲームは壮大だった割に得たモノは多くない……というか、次回以降に向けたネタを仕込んだ感じでしょうか。

神霊種のゲームを無事にクリアし、神霊種の少女を連れ出して仲間にして。

おまけとばかりに、今回の出来事をきっかけにクラミ―とフィールを戻れなくして、無理やり陣営に巻き込んでいく辺り、空も白も容赦ないな……

これをゲーム開始前に予測して、事前に準備してきたって言うんだから化け物かよ……

さて、このゲームの決着を観測した他種族がまた動きそうですが。どう接触してくるのやら。

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索