気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

MF文庫J

魅了スキルでいきなり世界最強 神騎士を継ぐ者

ico_grade6_3

「さあ、今度はこっちが打って出る番だ」

 

HJ文庫で「精霊幻想記」書いている作者さんという事で購入。

まぁ、タイトルから内容はお察しって感じですが。カクヨムの方にも乗ってたので、気になる方はそちらを確認してみるのも手では。

 

神話聖装という特殊な武具を携えた乙女たちによる戦いが続いている世界。

地球から召喚された少年・柊太陽は、女子しか使えない筈の神話聖装を、なぜか扱うことが出来て。

オマケにその武器が顕現している間は「魅了スキル」が常時発動する厄介な代物で。

 

一応、魅了によって神話聖装の力をより強力にできる、という理由があるからだそうですけど。

一歩間違えば、それを悪用する輩も出てきただろう……というか、太陽の前任者は当然女子だったけれど、女子が好きなタイプで、好き勝手やっていたようですしね……

魅了するシーンが割と文量咲いているので本編としてはかなりサクサク進んだ印象ですねぇ。読みやすくはありました。



学戦都市アスタリスク13 群雄雲霞

ico_grade6_3

「純粋な夢を追ってこの場へ立つ相手には、相応の敬意を持って対するべきだよね」

 

色々な思惑が入り混じった状態で開幕した、個人戦のフェスタ、リンドブルス。

本来出場するつもりがなかった綾斗も、『処刑刀』の脅迫により出場せざるを得なくなり、実力派揃いの大会となっていましたが。

ここに至るまでキャラが増えてきたこともあって、中々のお祭り騒ぎですねぇ。

 

今回は予選という事で一戦一戦のボリュームは少なめでしたが、レスターVSイレーネみたいな綾斗達から少し離れたキャラの描写があったのは良かったかなぁ。

暗躍している連中は居るけれど、そうした裏事情を知らない生徒たちにとってやはりフェスタは重要なイベントなんだって言うのがよくわかる。

だからこそ、綾斗達には頑張ってほしい所ですけれど……どうしても後手に回ってしまってますので、どうなるかちょっと心配な部分はありますねぇ。

 

クローディアたちも情報を集め、マディアスが『処刑刀』だと気付いたり、綺凛が金枝篇同盟の下で動いているパーシヴァルと一戦交えたりしていました。

更には、そうした情報をやり取りしていた英士郎を引っ張り込んだりしていて、対策に励んではいますけど……

二連覇を達成しているオーフェリアの事情なんかも気になるところです。トーナメントだと因縁があるユリスが彼女と戦うには、途中で綾斗を撃破しないといけなくなる状況でしたし。

綾斗がユリスの事情を託されてオーフェリアと戦う流れになるのかなぁ……



なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?3 神々の道

ico_grade6_3h

『あなたには期待しています』

 

帯の文句にかなり驚いたんですが。

コミカライズはまだわかりますけど、ゲーム化とはいったいどういう事!?

アプリゲームとかだろうか。とりあえず政策決定という情報だけで、詳細不明なので続報が『ちょっと気になります。

 

五つの種族が争った大戦に人類が敗れた世界へ上書きされた。

その中でも抗い続ける人々は居て。

悪魔の英雄を倒し首都を奪還し、蛮神族の英雄を撃破し一時的な休戦を勝ち取った。

道程はかなり順調ですね。順調すぎる、とジャンヌが懸念するくらいには上手くいってる状況で。

ここで調子に乗らず、冷静になれる辺り、かなり優秀ですよね、ジャンヌ。

 

そして次の目的地を南のユールン連邦に定め出発。

聖霊族と戦い続けている土地ですが……そこに向かう途中、イオ連邦の中で幻獣族と出くわして戦闘をする羽目に。

悪魔の英雄を倒したのちも幻獣は現れていましたし、そもそも幻獣族の英雄がかなり怪しい動きをしているので、どういう思惑があるやら。

 

各種族の英雄たちも上書きの影響を受けていましたが、ラースイーエは影響が薄いというか、切除器官を従え、他の英雄にちょっかい出してるところを見るに、黒幕側っぽいですけど、そこまで単純なのかは気になるところ。

そもそも切除器官という存在そのものが意味不明ですからねぇ。他の種族のどれとも違う異質な存在。それをラースイーエが単独で用意できるかって言うと、疑問符が。

シドを預言者とした、今は力を失ったという神が今回登場していましたが……そんな感じの「何者か」がさらに後ろにいるんじゃないか、とか考えちゃいますねぇ。

 

実際、正史が忘れ去られたはずのこの世界で「シド」の存在を知っているらしき新キャラが出てきてましたし。

世界輪廻の上書きにはまだ秘密がありそうな雰囲気です。

西の連峰で鉢合わせるかも、と言っていましたし、ラースイーエとも対峙する事になるだろう4巻が待ち遠しい。



学戦都市アスタリスク12 刹鬼再応

ico_grade6_3

「……がんばったね、綾斗」

 

フェスタの直前という事で、色々と情報が出てくる溜めの回でしたねー。

新技を準備したり、修行の旅に出ていたのが戻ってくると言う話があったり。

万有天羅の私塾でも、見事に能力を開花させたメンバーもいるみたいですが……

一方で、悩んでいるキャラもいましたねぇ。ガラードワースの生徒会長を継いだ男子とか。

こういう場面を見ると、彼らもまだ若い、学生なんだなぁ、としみじみと思いましたが

 

ついに遥が目覚め、彼女が知りうる情報が開示されました。

彼女がなぜ綾斗に封印を施していったのか、という真意も含めて。

記憶を封じる術がかかっていたようですが、綾斗から魔剣を借り、異能を焼き切るという絶技を以て、それを打破。

『処刑刀』たちは、もう一度「落星雨」を起こそうとしているようだ、というかなり重要な情報が出てきてます。

 

遥も凄いですが……術が破られることを想定して手を打っていたって言うんだから敵も相当厄介ですね。

マディアスの過去の描写もありましたが……この世界ダークサイド多いな……

そして、敵が用意していた策によって綾斗は脅迫され、出るつもりのなかったフェスタに参加する事になってしまい。

腕利きばかりが参加する、展開が読めないフェスタとなりそうですが……さてはて、どういう決着を迎
えるやら。



なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか?2 堕天の翼

ico_grade6_3h

「……人間の意地を……舐めるな!」

 

異種族と人類との大戦があった世界。

カイが知る世界では人類が勝利したが……ある日、世界が塗り替えられてしまって。

「真の世界を取り戻す」為に、人類が大戦に負けた別史の世界を生きぬく構え。

その為にこの世界を生きる人類に協力し、悪魔の英雄を撃破していましたが……

 

別史の世界で力をつけたと思しき悪魔三体に警告されたりと、序盤から冷や汗ものの場面があったりしました。

正史で積み上げてきた人類の戦いの記録が彼の助けになっているのは確かですが、そればかりに頼りすぎても足を救われるというのが早めに明らかになったのは良かったのでは。

 

他の三種族と戦っている地方へ、遠征を行う事になって、まずは蛮神族が闊歩している地域に向かっていました。

そちらのレジストと合流していましたが……兵士たちからは歓迎されていましたが、トップはかなり苦々しく思っている様子で。

悪魔の英雄を打倒し人類領土を奪還した、という偉業に対し思う所があるみたいで。

……そこを付け込まれて失敗していましたけど。まぁ、この場合は敵の方が周到だった、というべきかなぁ。

 

蛮神族の英雄、主天アルフレイヤ。豹変したというかの英雄ともカイは戦う事になっていましたが……

ヴァネッサと同様、最後にシドの残した言葉をカイに伝えていました。

今のところ幻獣族の英雄が黒幕っぽいですけどねぇ。アルフレイヤに接触したことがあり、それ以降おかしくなった、という話。

最後に描かれた切除機関との距離、別種族の英雄六元鏡光に対しての物言いといい、倒された二人とは違い、この別史の世界を受け入れて動いている感じがありますが……

さて、残った二人の英雄。どちらに向かうにしろ厄介事は避けられないでしょうけど、同行者も増えた事ですし、乗り切ってくれることを期待しましょう。

 



14歳とイラストレーター4

ico_grade6_3

「どれほど自分にとって大切な人だろうと、手が止まる原因になるなら、それを遠ざけなければ、創作はできないよ」

 

ハラミとの交流の際に「ユウトの事好きだよね」と聞かれたことを……当の本人の前でぽろっと零してしまったナスさん。

言った方も言われた方も固まってましたが。ちゃんと切り替えて話し合っていたあたりは大人な対応だなぁ、と言いますか。

 

人を好きになった経験、誰かと付き合った経験、そうしたものに疎い二人なので、どうにも見ていてじれったい感じの会話をしていましたけどね。

ナスさんの宣言は、自分の気持ちが分からないのでもう少し答えを先延ばしにするものではありましたが……アレはもうほぼ告白だと思うけどな……

 

今回はプロの世界に飛び込む新人さんとのエピソード。

マリィの新作にネットで話題の新人が挿絵を描くことになって。最初に提出された絵は良かったけれど、キャラデザに入った段階でマリィの感性に合わず、リテイクを繰り返していたとか。

 

今回の仕事トークだと、入稿の時期とか……その遅れで刊行が伸びたとかの編集者側の声がちょっと入ってましたねぇ。

知り合いにそっち方面の仕事している人が居て、「原稿が来ないと仕事がないが、いざ原稿が来た時にすぐ動けるように待機してる時間がある」とかぼやいてたよなぁ。どこもかしこも大変だ。

当初は刊行される予定だったのに延期になった場合とか、書店店頭での問い合わせもぽつぽつ入るから大変なんだよなぁ……

 

マリィがだいぶ感覚派なので、絵を描くことになった白砂さんは困惑していましたが。

絵を仕事にする、ということの大変な部分がプロ寄りで描かれていった感じ。

マリィとの付き合いが長いユウトにアドバイスをもらって何とか乗り切っていましたが……その時のトークでマリィが刺激を受けて、ユウト宅に乗り込んでまだ問題発言していましたが。モテモテですな、ユウト。



14歳とイラストレーター4 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-11-25


14歳とイラストレーター3

ico_grade6_3

「いや、そういうんんじゃなくてね。どうしても例えるのなら……ラスボス」

「ラスボス」

「姉さん、ものすごくクオリティの高いイラストを出して、“落書きです”とかコメントするときあるじゃん? あれって“今のはメラゾーマではない。メラだ”って感じだよね。まさに大魔王」

 

冒頭のこのトークで笑った。

今時の子に「メラゾーマではない。メラだ」ネタ通用するのだろうか……「ダイの大冒険」懐かしいなぁ。

姉と折半で買っていたシリーズなので、実家に置いてきてしまったんですよねぇ。今度帰ったときにでも発掘して読み返そうかしら。

 

大手レーベルからの依頼を受けていた悠斗。

しかし、同じくイラストレーターの姉が「その仕事私がすることになった」と宣言して。

錦にブラコンなのに、仕事の横取りしようとするなんておかしいと訝しんでましたが……

いや、うん。ブラコン凄いわ……あそこまでつき通していれば尊敬でき…ないな。うん。

わだかまりも解消されて、大っぴらにしていなかった姉弟関係を公表してましたが……大暴走って感じで、本当悠斗はお疲れ様ですとしか。

 

イラストレーターのランクについての錦の持論、カバーイラストについての考えとか、中々興味深かったです。

あの辺の仕事トークが合間合間にあるのが、個人的には気に入ってます。

今回のメインイベントは姉との勝負ですが、途中でマリィとPCを買いに行ったり、乃ノ香に誕生日を祝ってもらったり、ナスさんの引越しを手伝ったりと交流イベントも混ざっていて、バランスが良いと言いますか。

割とサクサク読めるので、読後感悪くないのもポイント高め。

さて最後ナスさんが爆弾投下してましたが、どうするんだコレ。

14歳とイラストレーター3 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-07-25


14歳とイラストレーター2

ico_grade6_3

「私には書くことしかない」

「僕も同じようなものだよ。だから、やめないし、やめられないし、やめたくないんだ」

 

イラストレーターの悲喜交々を描くラノベ第2巻。

悲要素は大体ハラミ担当な気がしますが。うっかりが過ぎるってレベルではない、というか。彼女の相手をする担当編集さんはかなり胃が痛いんではないかなぁ……

同業の二人、悠斗と錦も話を聞いたとき寒気を感じたり、後ずさったりしたからな。

「テ、テロい……爆弾だぜ、こいつは……!!」という錦の発言が全てを物語っている……

 

前回の一件から、ナスさんとの交流も続いていて。

乃ノ香も相変わらず悠斗の職場に入り浸っていたりしていますが。

新しい仕事の依頼がやって来て、それのイラストを練っているところに、悠斗が絵を担当しているラノベの作家が来訪して。

編集とのやり取りでストレスが溜まったとかで、突発的な旅行を計画していました。

悠斗が別の編集者から情報を仕入れて考えた結果、同行する事になりましたが……コレ、悠斗が一緒じゃなかったら、本当にどうなっていたやら。

洒落じゃなく東京に帰って来られなかったんじゃないかなぁ……個性的な人だ。

 

今回も仕事事情トーク何かが合間に挟まってましたねー。

ラノベのイラストの権利の話とか色々。巻末の「溝口ケージ先生の用語解説コーナー」も笑えた。「折本」の辺りとか、



14歳とイラストレーター2 (MF文庫J)
むらさき ゆきや
KADOKAWA
2017-03-25


なぜ僕の世界を誰も覚えていないのか? 運命の剣

ico_grade6_3

「見せてみろっていったよな冥帝。だから見せてやる」

「何をだ? 人間の強さか。可能性か。未来か」

「――真髄を」

 

悪魔や天使といった異種族と、人類。

5つの種族が地上の覇権を争い……一人の英雄の活躍によって、人類が勝利した時代。

四種族を封印する事に成功したが……もし、封印が解かれたら。それによって大戦が再発したら

そうした有事の際に備えるために「人類庇護庁」が戦後設立された。

国民に兵役を貸し、その中で四種族に対抗するための知識等を伝えていく組織なんですが。

長い時間が流れ、封印がほころぶ様子もない、という事で庇護庁の兵役もほぼ形だけのものになってきて。

そんな中カイは、平和な世で悪魔を見たことがあって。故に、兵役にも真面目に取り組んでいたが……

                                            

ある日、世界が「人類に英雄が立たず、大戦で敗北した」状態に上書きされる異常事態が発生して。

友人たちも、ほぼカイの記憶通りの性格や癖などを有している物の、「勝利した未来」の記憶と……カイの事だけを忘れていて。

ただ一人、違う未来の知識を持ったカイは混乱の中……特殊な事情があるらしいリンネという少女を保護して。

 

彼女は、かつて人類を勝利に導いた英雄――シドの名前を憶えていて。

二人で改変前の世界に戻るための手法を探る事に。

そうやってちょっと前向きになったところで、避難場所に悪魔たちが襲撃してきて。

カイはこれまでの経験と知識で、その撃退に寄与。

人類反旗軍の上層部と対面する事に。

 

嘘のように聞こえる本当の話、を嘘か真実かという点ではなく「その話でもたらされた情報が有用かどうか」で判断できるあたり、有能ですねー。

敵にアジトが知られてしまった事、カイから情報を得られた事など理由はいくつかありますが、反攻に転じることに。

割と綱渡りではありましたが……意地を貫き通したカイに軍配が上がって。

「書き換えられた世界」について、気になる情報も出てきましたし、序章も良い所ですから続きに期待。



機巧少女は傷つかない16 Facing “machine doll Ⅱ“ 下

ico_grade6_3h

(こんなすげえ奴が、俺の仲間だ)

やはり捨てたものではない。この人生も、今日までの旅も。

だからこそ、そのすべてを否定するような結末は受け入れられない。

 

終わった……長く続いたシリーズ、それもお気に入りのシリーズの終わりは、やはり満足感もありますが、ちょっと寂しくもあるような。

……この作品に関しては、クライマックスで待たされ続けたので最後まで読めたという満足感の方が強いですけど。

 

個人的には今回の雷真の暗殺者ムーブが好きです。

戦闘能力が上がった雷真が刀を手に、小紫と一緒に忍び寄って切り伏せたり、相手の死角へ回り込む動き。

魔術師の階梯も高位になってますし、真面目に雷真が暗殺者やったら対応できるのって本当一握りなのでは……

 

あちこちで戦闘が起こっているので、一つ一つは結構テンポよく片付いていきますが。

対応しているのが一人だけだったら負けていたり、打つ手がなかったりしただろう、って場面はあちこちにあって。

これまでの夜会を送ってきた日々は、決して無駄な時間ではなかったと証明されたのが良かった。

 

エピローグで、秘術を盗るためにロキと薔薇の師団に忍び込む計画を練ったりしてましたが。

……今のあの二人に突撃かまされたら、かなりたまったものではない、というか。魔王級二人VS金薔薇の遺産争いでゴタゴタした組織……うまくすれば壊滅させられるのでは? 南無。

これからも、争いには事欠かなそうな就職口を得ていましたが。まぁ、これまでやってきたことをやり続けるだけで良い、と思えばある意味天職なのでは。



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索