気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

Speakeasy

クオリディア・コード3

ico_grade6_3

「朝凪! お前が何の為に戦ってるのか俺はわからない。だが、あいつが諦めないうちにオレが諦めるわけにはいかない! あいつ一人守れなくて、世界が守れるか!」

 

神奈川のトップ二人が退場し、霞は大國に殺されかけて。

大人達がどう動いてくるのか分からない状況で、千種兄妹は動いていましたが、特にこれといった動きもなく。

ひとまず相手が動くより先に、手を打っておきたいと霞は一人で行動開始。

大國の住んでいた拠点へ忍び込み、資料をあさっていました。

 

霞が行動している間にもアンノウンは手を緩めずに侵攻してきて。

神奈川の八重垣、千葉の明日葉しかまともな戦力は残っておらず。東京の主席は意気消沈している、という中々厳しい状況。

霞からの伝言で朱雀焚き付けておかなかったら体制整える間もなくやられていたのでは。

いやまぁ、焚き付けてなお一度負けてはいましたけどね……

 

そして明らかになった、隠されていた真実。

「この世界はニセモノだ」というほたるが霞に残した言葉の意味、それらが明らかになる流れは見ものではありました。

意気揚々と指揮をとる夜羽が、うん、まぁ、変わらないなこの御仁……あそこまで徹底されるといっそ清々しいわ……

千種兄妹の不器用な関係が好きでしたねぇ。



クオリディア・コード2

 ico_grade6_3

霞の物事の優先順位ははっきり決まっている。

(略)

彼にとっての優先順位はとうの昔に定められているのだ。

 

敵の襲撃を受けて東京の次席は消えた。

ただひたすら彼女の為に戦っていた、東京主席も戦う気力を失ってしまい。

都市運営・防衛網の構築なんかを神奈川・千葉陣営がフォローする事になっていくわけですが。

 

最高戦力でもある主席・次席にここまで事務仕事振り分けるのもどうなんだろうとは思います。いやまぁ、霞は次席にいるけど、戦闘力特化型じゃないので都市運営に回るのも手だと思いますが。

神奈川でいう青生みたいな役回りのキャラがもっと、最高戦力の彼らを支えるべきなんじゃないかと、防衛都市の危うさが見えますなぁ。

実際この後神奈川陣営の方にも大打撃が入り、ボロボロの状態になってしまうんですが。

 

千種兄妹が、言葉にしないけれど、何よりも優先するものとして互いを置いているのがはっきりと描かれて、本当仲いいなぁ、と。

この二人の独特の距離感結構好きですよ。傍から見てる分には理解できない部分もあるかとは思いますが。

ほたるの姫信仰に近いものを感じますがね。彼女は口にするけど、彼らは口にしないってだけの違いのような気も。

最後、霞が世界の嘘の片鱗に気が付いたところで終了。3巻で終了って感じになりそうですね。それは良いことですが、作者さんは千葉編の2巻と、青春ラブコメの新刊はまだでしょうか……



クオリディア・コード

 ico_grade6_3

でも――俺は。本当は。

ずっとまえから、世界なんてどうでもよくて。

ただ、あいつが笑っているだけで、よかったのだ。

 

シェアワールド「クオリディア・コード」のアニメ本編のノベライズ。

まだ後編書いてない渡航さんが出すのか……

東京と神奈川と千葉のそれぞれの状況についてこれまでに出た小説では描かれていたわけですが。

アニメ版とノベライズでは、この三都市の首席・次席が集まったところからスタートします。三都市合同作戦なんかも実施されているみたいですね。

最も、ランキングが存在するせいで味方同士の争いが起きたり、そもそも主席・次席たちの中が良いわけでもなかったりと歩調は今一つあってませんが。

 

今回は、カナリアの衝撃シーンで今回は終わっています。大体アニメと同じ感じで描写されてますねー。

アニメの方が、モブが生き生きして感じられるのはやはり表情とか色々見られるからですかね。

リヴァイアサン級アンノウンとの戦いの時の千葉勢の台詞とかはこっちにはなくて明日葉の描写がその分増えたりする感じでしょうか。

あと章ごとの間に違うキャラの心情が描かれていて理解の一助とはなっています。

 

しかし朱雀のぶっ飛び具合が丸くなったり、ほたるの姫依存が重度になっていたりと都市毎のエピソードから進んでいる分、変化も見えますね。

小説で描かれていたけど、アニメなどで登場していないキャラはどうなったのか、ちょっと気になるところ。

 

しかしまぁ、侵入不可領域の事とか、コードの事とか。

謎が多い中で、一都市のトップに欠員が出てしまって、こうなると後は泥仕合に陥りそうな不安しかない。

実際アニメ本編の方もなんかヤバそうな感じがしますしねー。

各都市ごとの小説の時はアンノウンよりも都市内部の問題の方がヤバそうに見えましたが、理解でいない対象との戦争中ってのが描かれた感じがします。

アニメで今後明かされる真相によっては、戦争というのも怪しくなりそうな雰囲気ですけどね。結局のところ正体不明の敵より人間の方が怖そうな臭いがしますけど、どうなるかなぁ。

 

 

どうでもいい世界なんて クオリディア・コード

ico_grade6_3

「その……、なんて言えばいいのかしら。……言葉に困るけどあんたってシンプルに外道ね」

「言葉に困ってなさそうだなぁ……」

 

シェアワールド「クオリディア・コード」の千葉編。

ここでも描かれているのは戦闘科の他の科にある温度差で。

戦闘科がアンノウン1体倒して得られるポイントが、生産科では新規取引先10件開拓と評価にも結構違いが。

 

最も戦闘科でも中に序列は出来ているようですけど。

現状、最前線につっこむ戦闘科の面子でアンノウンは大体処理で来ていて。

狙撃班に所属していると、群れからはぐれた相手をチマチマ狩ることになって、ポイントが上がりにくいとか。

実際千種霞も、狙撃手だったけれど成績が低迷していたため、生産科に出向という形で厄介払いされてますしねぇ。

 

生産科の様子も描かれていましたが、こっちにはこっちの問題がありそうですけどね……

よくもこんなチグハグな状態で運営出来てるな、防衛都市。

さてはて、現状だと全体的に噛み合ってない感じですが。ここからどうやってアニメの状態まで変化していくんですかね。

ちょっと楽しみですが、次でるのはいつになるやら……

 

いつか世界を救うために2 クオリディア・コード

ico_grade6_3h

「うん。それじゃあ」

()

「――今日も、世界を救おっか」

 

巻頭から笑った。

事故により住居が壊れたため、シノと懇親を深めようと舞姫が部屋を訪れてきて。

「駄目……かな?」――駄目に決まっている。な場面とか。

ここで追い返すのもマズイと室内へ招き入れた後のドタバタ具合とか。

途中で四天王が乱入してきて、変な共感によって事情を呑み込んでくれたのは何と言ったらいいやら。他の四天王の変態性に感謝する事があろうとは。

 

そして、すっかり騙されてました。

シノは実は女子であった、という衝撃の事実。

他のキャラクターたちも結構驚いてましたねぇ。

あと今回笑ったのは、前回ストーカーをする側だったシノが、される側に回っているあたりでしょうか。

 

暗殺者と序列1位の戦いが改めて描かれていたのも良かったです。

シノがこの任務に迷いがあるのは何度も描かれていて。

だからこそ、最後躊躇ってしまったのも納得ができる。

 

そして、怪しかったほたるも行動を起こして。

彼女の世界、破壊力は無いけれど工作員としてはこの上ないほど強力ですな……

戦闘能力はなくとも、舞姫を良い所まで追い詰めてましたし。

ただまぁ、油断が過ぎたというか……シノが覚醒して、舞姫側についたためにあっさり蹴散らされてましたがね。

 

 

そんな世界は壊してしまえ クオリディア・コード

ico_grade6_3

俺か、それとも世界か。

どちらかが狂っている。

「そんな世界は――」

 

謎の敵アンノウンの襲撃によって崩壊した世界を描く、クオリディア・コードシリーズ。

さがら総による東京編です。

人類を愛しすぎている傲岸不遜な男、朱雀壱弥。

外見に騙され朱雀に告白し……叩き潰された後朱雀担当として扱われるようになった哀れな少女鵜飼つぐみ。

その二人に、都市次席からある依頼が持ち込まれて。

 

朱雀のキャラが、中々見ない造形で笑ってしまう。

ここまでポジティブなクズは中々いないぞ。あそこまで人の心を前向きに叩き潰せるものなのか……

愛しているから、信じているから。たとえ今弱音を吐いていようと、這いつくばっていようと、死力を尽くし立ち上がってくれると信じているから――叩きのめせる。

この程度は、乗り越えられるだろう。戦う者なのだから、と。

この人類愛は怖いな……

 

防衛都市、というからには防衛行動をとることがあるわけです。

つまり、アンノウンとの戦闘がどうしたって行われるということで。

発現した「世界」の方向性によって、少年少女は戦闘科、工科、補給科などの科に分けられる。

 

その中では戦闘科が、都市防衛のエース、花形として人気を集めているわけですが……

最後まで読んでかなり歪な世界になっているなぁ、と思いました。

ついてこれないものをふるい落とし……それを見ないふりをして亡霊と呼んだ。

戦闘科には、傲慢なプライドが芽生えていた。不要なものをまとめた不適格者リストなんてものも作られた。

 

……アンノウンによってではなく、人の手で滅びそうな勢いすら感じましたが。

鷹匠の企みで、都市の暗部を知った朱雀がどう行動を起こすのか。

彼の事だからまた突飛なことを始めそうですなぁ。カナリアに是非とも頑張って止めて欲しい所ですが……朱雀の性格が頑強すぎるから無理かもな……

 

そんな世界は壊してしまえ ‐クオリディア・コード‐ (MF文庫J)
さがら総(Speakeasy)
KADOKAWA/メディアファクトリー
2015-10-23
 
プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索