気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

TRPG

ログ・ホライズンTRPG拡張ルールブック キミだけの世界を創れ!

ico_grade6_3

「この剣と盾に誓って、みんなを守ってみせる!」

 

なろう書籍化作品『ログ・ホライズン』のTRPG、その拡張ですね。

11巻と同時発売で、そちらと一緒に買ってはいたんですが……例によって積読の山に埋もれてました。

しかし、その後のWEBストックがあるのに本編の続きでないのと、WEBの更新も滞りがちなのは残念ですね。

 

さておき、システムですが。

より高レベルのキャラが作成できるようになって、強化された特技や追加の高レベルアイテムとかのデータが豊富。

騎乗ルールや、レイドルールなんかも増えて、ますますログ・ホライズンの世界を表現しやすくなったのではないでしょうか。

 

ワールドガイドやGM、ディベロッパーの項目あたりは読んでいて楽しかったです。

プレイした事がないのでデータ面での評価はし辛いんですよねぇ。

シナリオのネタになるような情報だとか、実際に運用する段階での注意点とか。

TRPGに共通する事だと思いますが、「楽しむ」事が第一ですからね。

時にはルールを無視する、という手法もある。けれど、多用しすぎては良くない。

「他者を不快にするため」ルールを使用するべきではない、とか。

最近またTRPG熱が再燃してるので、この辺りは自戒としておかないといけないよなぁ、という感じで読んでました。




ソード・ワールド2.5リプレイ トレイン・トラベラーズ3

ico_grade6_3

GM/将軍「(にっかりと微笑んで)で、どっちがいいかね?」

 

列車リプレイ、完結巻。

敵の最終兵器、ドリル付き列車という見た目愉快な代物が登場して。

プレイヤーが何気なく言った、ドリルモグラ号という仮称が通ったのには笑った。いやまぁ、都度「蛮族の秘密兵器」とか言うのもアレだから何らかの呼称は必要ですけどね。

取り急ぎ追いかけられる戦力として、対処を依頼されて。

 

ただ敵も逃げるだけじゃなくて、道中で襲撃をしたりトンネルにバリケードを作ったりしていて。

追いかける事を優先したものの、流石にトンネル塞がれて長射程の武器据えられては対処するほかなく。

テオの妹は可愛かったし、アシュトンの兄貴は飄々としてて嫌いになれませんね。魅力的なNPCとの交流もありつつ、壁を目指して。

 

カーチェイスならぬトレインチェイスをやったり、このリプレイならではの要素で盛り上げてくれた感じで良かった。

敵側がどんだけドリル好きなんだよ……とは思いましたけど。まぁ、ネタとしては美味しい。

ジュジュ え。マジでこいつがいいとこ持ってちゃうの? リプレイ的に大丈夫?

GM しょうがないだろ! そうなっちゃいそうなんだから!

って会話が笑えました。

 



モノトーンミュージアムRPGリプレイ&データブック フィオリトゥーラ

ico_grade6_3h

「誰かと出会う事は、誰かと別れることに等しい。

何かを得ることは喪失を約されることだ。

我々は皆、生命を得たその時から、神によって喪失の呪いをかけられている」

――妖術師ザリグマンド

 

前半にリプレイ、後半に各種データと世界設定が掲載されている一冊。

特徴的なのは、これらはユーザー投稿が元になっているという事で。

色々楽しくデータを見てました。1d6振って効果を決める「ふしぎなきのこ」が好き。

 

追加データの中でも「稀人」、「道化」という2つのクラスが追加されて、専用データが掲載されてます。

多種多様な左の地に置いても、特異な文化を持つ「稀人」。

桜花の国という新設定が出てきてますし、取得すると楽しいキャラになりそうですねー。

逸脱データが増えたり、永劫消失という剥離チェック後の追加ぶりチャンスが得られるかもしれないルール、元々35人想定のモノトーンで、少人数で遊ぶためのルールなども追加されてて読み応えありました。

 

リプレイは、左の地において紡ぎ手がいかに異端であるのかというお話。

御標に囚われないという事は決して福音ではないのだ、という中々重めのシナリオでPC1のノンノもへこむ場面がありましたが。彼女の明るさで助けられた部分もあります。

これでエルの方がメイン張ってたらもうちょっとダウナーに酔っただろ……

あとは合間に挟まっている数ページのコミックも良かったです。

解放祭にて襲撃を受けたカッサンドラと、それを訪ねた魔女の話。

色々と衝撃的すぎて言葉が出ない。



迷宮キングダムルールブック

ico_grade6_3

「ここはあたしに、まかせなさい!」

 

割とデータ部分は流し読み。

全ページカラーで見ごたえはありましたが。

あまり触れた事が無いタイプのルールブックだったので、情報量に負けた感がある。

 

カラーでイラストが描かれている中で、ゲームマスターセクションのトラップの類がかなりシンプルだったのにはなんか笑った。

あとモンスター枠「人間」の「人間の屑」。フレーバーテキストが「人間の屑です」と屑押しなのも笑った。

 

不思議なダンジョンが広がる世界。

そこで国を作り、発展させていこう、というTRPGシステム

いろんな要素がごちゃ混ぜになっていて、ワールドセクションだけでも読みごたえはありました。

迷宮誕生の伝説とか。迷宮内の方位とか、迷宮内の摩訶不思議な事情とか。

列強諸国の話が好きですね。拡大を繰り広げて従属を迫る国家でもあり小国は大変そうですが。

ダイナマイト帝国が迷宮破壊工事に従事してる辺りが笑えて好き。大胆にもほどがあるというか、パワーしか感じない選択……

 

迷宮キングダム 基本ルールブック
河嶋陶一朗/冒険企画局
KADOKAWA
2018-11-20


紫弾のオルトリヴ―ト 銀剣のステラナイツ

ico_grade6_3

ようこそ、忘れられた街へ

輝ける騎士はいない

女神の加護などありはしない

ここは既に、世界から零れ落ちた場所なのだから

 

銀剣のステラナイツ、追加データ集。

公式の「瀧里フユ/どらこにあん」が著者となっていますが、あくまで同人誌。

「銀剣のステラナイツ」を判りやすくするために搭載しなかったデータ等が掲載されております。

以降追加データとして発表されるかもしれないので、最新の状況を確認の上、利用時は監督の許可を取りましょう、と注意が最初のページに入っております。

 

公式が出す同人誌。

さすが、システムを作れば自分が美味しい関係を見られるとツイッターでの販促に余念がない瀧里さん……と謎の信頼が芽生える。

いや、実際短めの設定の中にもこれでもかと愛とか性癖とかぶち込まれてる感じがして、読んでいて楽しいです。

 

本質の花「フリージア」、「アルストロメリア」、「ゼラニウム」が追加。

更に「理の向こう側(ゼロ・セブン)ルール」や、歪みへの抵抗、遠距離武器に関するルール。

間奏やエクリプス用のシチュエーション表等かゆい所に手が届く追加データの数々。

これらを採用したらさらにエモい「ステラナイツ」が見れるだろうなぁ、と心が躍ります。

同時に、基本ルルブに積載しなかったのも英断だなぁ、とも思いました。どうしても複雑になりますしねー。

 

更には「ステラバトルに敗れた階層」の設定までぶち込まれてて……

この第753層の設定がまた、重くて暗くて、だからこそラスト・ヴライトなんておとぎ話が出てくるんだろうと思うと泣ける。

クラヤミクライン

 ico_grade6_3

不知火:2丁拳銃かよ! かっけぇ!

海神:見過ごせないんですけど、警察として! 良いんですか!?

進行役:まぁこのゲーム、アイテムの形状は「言ったもん勝ち」なところありますから……異世界での事なので、捕まることも(多分)ないですし。

 

ホラーを楽しめるTRPG

基本は現代地球ですが、日常から一歩ずれた「ウラ」の世界。

怪異がすまう狂気の世界。

何らかのきっかけで、そうした世界に引き込まれてしまったPCが、生きて日常に変えるべく奮闘するシステム。

 

怪異に侵食され、発狂する事もある。

ある段階で踏みとどまれれば、発狂によって普段とは異なる力を扱えるようになったり、状況を打破するきっかけになりうるようですが。

度が過ぎると破滅してしまう、という。

最後の破滅判定は、「成功すると破滅する」判定だから「成功してはいけない」というのが特殊ですかね。

 

冒頭に簡単な体験パートがあって、後はシステムとワールドデータのみ。

この手のルルブだとリプレイパートが掲載されてることもありますが、本作ではなし。

データ部分が結構創作のネタになりそうでいいですねー。

怪異創作の「原型」部分とか活用できそうな雰囲気で良し。

クラヤミクライン
芥邉 雨龍/冒険企画局
KADOKAWA
2018-04-20


ダブルクロスThe 3rd Edition データ&ルールブック バッドシティ

ico_grade6_3h

「風は……あの頃とは違います」

「変わらねぇよ 俺たちは何も変わらねぇ」

 

ダブルクロスの最新サプリ。

レネゲイドウォー系といい最近はステージ追加系が多いですねー。

おおよその組織とかは出したから後はプレイヤー次第ってことか。

 

サプリの名前にもなっている「バッドシティ」ステージが追加されます。

ある港湾地区の開発、それにFHが深く関与しているため、UGNが止めようとしたものの……敗北。

この地域において、UGNの活動は大きく制限されることとなった。

その結果、治安が悪化。オーヴァードの不良が増え、喧騒が日常茶飯事。

 

不良モノの華、キャラクター同士の乱闘を表現するためのチームバトルルールが追加されていたり、バッドシティ用のEロイス追加があったりと嬉しい限り。

バッドシティ用のイージーエフェクトもありましたし、汎用のエフェクトデータもあって嬉しい。

リミットエフェクト使うキャラ作成したことがないので、いい加減使ってみたいなー。

自作のキャラで使えそうなのは「デスストーカー」とかだろうか。固定値は正義……

最近GMばっかりやってるのでプレイヤーもやりたいですねー。



銀剣のステラナイツ

ico_grade6_3h

願いあるならば剣をとれ

二人の願い、勝利を以て証明せよ

 

積層都市アーセルトレイを舞台にしたTRPG

プレイヤーはこの世界を脅かす脅威と戦うステラナイツとして日々を過ごしている……

戦いに勝ち抜いて勲章を得れば、願いを叶えることが出来る。

だからこそ、彼ら・彼女らは同じ願いを抱く二人でペアを組み、戦うのだ。

 

というのがざっくりした世界観ですが。

基本的にステラナイツであるというのは公にならず、そもそもステラナイツが戦っているという事も秘されている。

一部、事情を知っていて融通を利かせてくれる人もいるようですけど。

 

そうした世界の危機を知りながら戦うキャラたちの交流、関係性を楽しむという所が一風変わってますね。

プレイヤーが順繰りにブリンガーとシースを担当しペアを作るって言うのも面白い。

それに結構文章が平易に書かれていて、読みやすい。

アドバイス多めといいますか。冒頭から「初めて遊ぶあなたへ」ってページがあり、

「間違えたらどうしよう?」「間違えても大丈夫です。TRPGに絶対の正解はありません。唯一の目標は「皆が最高に楽しいと思える時間を過ごすこと」です。」って書かれていた辺りが新設でいいなぁ、と思いました。

 

あとは「ブーケ」ルール。他のプレイヤーの行動が素晴らしかったりして心が振るえたらブーケを渡せて、クライマックス戦闘で活用できる、と。

応援システムみたいな感じなんですが。基本的に1発言に1枚渡せる。けれどあまりの尊さに手が止まってしまったら、最後にまとめて渡しても良い。尊すぎたらな仕方ないみたいな事が書いてあって和んだ。

初心者に進めてみたいルルブですねぇ。優しい世界だ。

 

 

銀剣のステラナイツ
瀧里フユ/どらこにあん
KADOKAWA
2018-09-20


モノトーンミュージアムRPG スーパーシナリオサポートVol.4 潮騒は熱砂に顕つ

 ico_grade6_3

「きっと異形が関わっているんだわ。……異形の方がまだ、誠意があると思わない? 歪みやほつれで自分の存在を教えてくれるのだもの。神は信じることでしかその姿を掴ませてはくれないのよ」

 

スーパーシナリオサポート、完結となる第4号。

今年の秋には、新リプレイ&データブックの『フィオリトゥーラ』が発売となるようですし、これも楽しみですねぇ。

 

今回の舞台は塩の国と南部紛争地帯。

演目1「英雄の条件」、演目2「潮騒は熱砂に顕つ」ほか、演目テンプレート「救済の御標は来たり」や各種データ等が掲載されています。

4弾という事もあり、2つの演目はどちらも癖があるもので。

通常とは違う演出やアドリブ要素が多めになっていて、演目2は特に「初めて『MM』を遊ぶGMがこの演目を回すことは強く推奨しない」とか書かれてました。

 

演目の前に在る1Pマンガがまたいい味をしていると言いますか。

シナリオの雰囲気を上手く見せてくれています。演目2の「どうかご武運を!」「ご武運を!」って言っている双子の絵が好きです。

モノトーンミュージアムはサプリを読み漁ってるだけでやったことがないので、いつかやってみたいとは思っているんですが。



モノトーンミュージアムRPGスーパーシナリオサポートVol.3 禍槌は悔恨に啼く

ico_grade6_3

「ようこそおいで下さいました 終雪の国は貴方がたを歓迎いたします」

「この国はどこか妙だ どこかが……」

 

表題の「禍槌は悔恨に啼く」と「氷華の箱庭」の演目2話と追加データが収録されたシナリオサポート第3弾。

今回の舞台は職工の国。新年の祝祭が迫る中で来た事件を解決する演目。

もう一つは、白領山脈にある国をそれぞれの事情でPCたちが訪れ、その国の問題を解決する演目でした。

 

今回収録されていた演目では「氷華の箱庭」の方が好きですかねぇ。

ちょっとしたギミックが仕込んであるシナリオとかちょっと面白そうだなーって思います。

また各種データが追加されています。

アイテムで笑ったのは「お婆ちゃんの糠床」。回復アイテムの効力を上げるアイテムですが……雫石や命石に効果があるって。アレ、「飴玉のように舐めて使う」アイテムなんですが。

ぬか漬け風味キャンディで回復するキャラが出てくると思うと、腹筋に来るものがある。

 

そして「職工の国」に関する追加情報等々。

Vol.2で描かれた商いの国と違って、この国の入国審査は厳重だそうで。

貴重な技術を持った人材を抱えていることもあり、歴史的に他国から脅かされていた過去があった事。

また、紡ぎ手の保護を謳った事で聖教会との対立気風が強まっている事などが理由だそうですが。

 

パーソナリティでは、虚剥ぎ道化プルースト、マレット・カリヨンの設定が好みですねぇ。

憎しみを抑え込んでいる組織のっぷと、迷いを抱いた裏の顔を持つ商人と。

こういう設定読んでいるだけでも楽しいので、もっと出て欲しい所ですが……次の四巻で最終巻だと決まっている様ですねー。ちょっと残念。

 



プロフィール

ちゃか

 友人に「活字中毒っていうか読書中毒」と評される程度には本が好き。適当に感想を書いていく予定。リンクはフリーでコメントはご自由に。悪質と判断したものについては削除する場合があります。

アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索