気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に適当に読んだ本の感想などを上げていってます。 ラノベ中心になる予定ですが、コミックとかWEB小説とかTRPGのサプリメントとか、とりあえず自分が読んだものの感想を端から書き連ねていく感じですかね。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

WORKING!!

WEB版WORKING!!6

ico_grade6_3

「足立君これで勝ったと思わないでね 今日は引き分けよ」

「村主さんはいつも俺のなにと戦っているんだろう……」
 

WORKING!!シリーズの完結巻らしいですよー。

サイトの方で掲載していた小ネタとかをまとめた感じ。

時系列がバラバラだったりします。過去の話あり、未来の話もあり、といった様子。

 

小ネタ集でそれぞれのカップルのエピソードとかをまとめたり、いちゃついている様子が描かれたりしています。

後は鎌倉父母のエピソードとかもありましたねぇ。

あっちはあっちで糖度高めというか、恋愛モード入るとアホの子になる血筋の大本を見た気がすると言いますか。

 

村主・足立カップルが好きかなぁ。噛み合っているようでかみ合っていないような……でもあれはあれで噛み合ってるのか?

要するに割とお似合いですよね、って話で。

全体的に糖度高いかネタに走った話ばかりでしたが……まぁ、いつも通りですね。笑えるエンディングだったのではないでしょうか。

WEB版 WORKING!!(6)(完) (ヤングガンガンコミックス)
高津カリノ
スクウェア・エニックス
2017-04-25


WEB版WORKING!! 1

ico_grade6_3
「俺の来年の目標・・・そうですね」
「『負けるな俺!!』」


現在3期のアニメが放送しているワーキング。
その作者がWEBの自分のサイトで掲載していた「もうひとつのワーキング」。
REオーダーで登場しているキャラもいて、あっちはカップルになった後の話だったりするので、盛大なネタバレも良い所ですが。
WEB版は既読なので流れは把握しているんですが、つい購入してしまいました。
斉木君の母語が英語に変わったり、変更点がいくつかありましたねー。

まぁ、ワーキング描いている作者の作品なので、ある意味いつも通り。
よくこの店つぶれないなぁ、という変り者の店員がそろっております。
なんだろう、ファミレスのフロアチーフって武闘派でないとならないみたいなローカルルールがあのチェーン店にはあるんだろうか……

父親の会社が倒産し(次の仕事は決まったが、給料が下がる)、定期代その他の為にバイトを始めた高校生とか。
同じく失踪した父親の残した借金があり、幼馴染の少女にいびられている青年とか。
確実に何か見えているのに、幽霊を信じない女性とか。シングルマザーだとか。
「ワーキング」の方と比べると、キャラの背景が濃いというか重い部分が多いですよね。
それでもコミカルに見えるあたり、さすがとしか言いようがない。
……割と毒されてきているという証明でもあるような。

WEB版 WORKING‼(1) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2015-07-25

WORKING!! Re:オーダー

ico_grade6_3
「伊波さんって人の意見に流れがちなところありますよね ダメですよ」
「そうかも… ごめんなさい…」
「伊波さん」
「人のまねではなく 俺達らしい御つき合いをしましょうね」


三期アニメが好評放送中のワーキング。
特典としてあちこちに書き下ろしていた4コマ等が収録されています。
それが半分くらいあって、残りの半分が完結後のエピソード。

1巻の特典から最新のものまで絵が変わっていってるのが分かりますなー。
種島をからかっている時の佐藤が、本当に生き生きとしていて……
本屋で高い所のものが取れずに困惑してたら、颯爽と現れてもっと高い所に置くとか、いったい何が彼をそこまで種島いじめに駆らせるんだ……
あと、6巻のとらのあな特典で、種島使って変わり身の術実施したりとかは笑えました。

番外編「REオーダー」はキャラごととかカップルに焦点を当てた番外編。
あぁ、店をでてもいつものノリだなぁ、と。
WEB版ワーキングのキャラも登場したりしていますが、まぁ、あっちはあっちで今度単行本化しますからねぇ。
その誘導っていう意味でも、いいタイミングで出ているような。

ファッション感覚で「たまにはいいかな」と刀持ってくるあたり八千代はさすが……
友人と会わなければいいかと受け入れる佐藤も佐藤ですが、見事に友人と鉢合わせて笑った。
流れで八千代の母親と遭遇してましたが、なんか微妙にすれ違った状態で、相互理解を得ているような。

小鳥遊と伊波は……うん、幸せそうでいいんじゃないですかね。
くっつくまで長かった分、普通にデートしたり、小鳥遊が最後照れたりとは微笑ましかった。
まぁ、伊波の友人が陰でこっそり見守っているのを普通のデートというのはアレですが。
変り者同士だから、それでもいいかと思えてしまう不思議……


WORKING!! Re:オーダー (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2015-06-25

WORKING!! 13

ico_grade6_3
「というわけです」
「……よくわからんが」
「お前の母親頭おかしいな」
「そこだけわかってもらえれば十分です」


そんな感じで、頭おかしい小鳥遊の母に振り回された最終巻でした。
もう感想それだけでもいいんじゃないかなぁ、というか。
予定調和な結末だなぁとは思いましたがその分ダラダラとイベント消化している感じがって少し残念。
前に小鳥遊と姉妹が「母親は……いないことにしておこう」みたいな会話してましたが、なんか納得できるような。

佐藤さんと付き合いだした、八千代さんが、きょーこさんトークの他にさとーくんトークを会得していて、この人本当にしゃべるの好きだなぁというか。
最初の標的になった美月は5時間ぶっつけで話されてフラフラでしたが。
……5時間も話していていいのかチーフ。
おまけページで佐藤はちゃんとデートに誘ったりしているけれど、「未だに緊張するので日々胃薬片手に頑張っています」とか言ってましたけど。

小鳥遊も思いが定まって、行動を起こそうとしてましたが。
母親に引っ掻き回されて。
女装したり、女装したり、バイトやめさせられそうになったりと散々ですね。
……割といつもの小鳥遊っていう感じもしますが。

なずながどんどん恐ろしい方向に成長していって彼女の未来が怖い。
それぞれ楽しそうな日常を過ごせているところで落ち着いたみたいですし、よかったんじゃないですかね。
特別篇とかアニメ三期とかの予定があるみたいですけど。

WORKING! ! (13)完 (ヤングガンガンコミックス)
高津カリノ
スクウェア・エニックス
2014-12-25

WORKING!! 12

ico_grade6_3
「俺の事なんか気にせずぶつかってきなよ!」
「相馬… ……そうだな」
「お前はもっと苦労した方がいいよな」
「(轟さんの前でもこんなに雄弁ならいいのに)」
 
小鳥遊家のお母さんが襲撃してきた前回。
自宅に帰ってきて息子の様子を見に来た―深夜でしたけど―のを襲撃っていうのもどうかと思いましたけど、姉全員撃沈しているあたり、あれは襲撃って言っていいと思う。
しれっといなかったことにされていたお母様なだけはあるといいますか。
あのアクの強い小鳥遊家の姉3人が、ノックアウトされているというか。
なずな、その人はちょっと真似しちゃいけないような。
うん、素質的には、一番近しいものがあると思うけど、その先にすら行けてしまいそうだから、思い直せ。
 
さてはて、恋愛ムード漂うワグナリア。
今回は、相馬にまったく信頼されていない、超絶ヘタレな佐藤さんが、ついに…!
胃痛で一週間仕事を休みました(結論)。
いや、ヘタレを拗らせた、片思いの権化な佐藤さんがついに行動を起こしたっていうのは一番のイベントでしょう。
その結果胃痛で休むっていうのはどうなのか。さすが佐藤さんというか、それでこそ佐藤さんというべきなのか。
一番最後の、幸せになったんだから胃薬は…っていう相馬に「多めに買っておこう…」っていうあたりは流石だと思いましたけど。
 
その影響もあって、今度は小鳥遊と伊波の方に焦点が移るんですかねー。
もう付き合っちゃえばいいのに、って感じがしますけど、この二人。
暴走気質が表に立って、そういえば、小さい物好き拗らせた変態と、反射的に殴る人だったとか、そろそろ薄れてきてた。
どっちか踏み込めばそれで終わりそうな気もしますけど。
とりあえず一周回ってさらに変になってしまった小鳥遊を元に戻すためにも伊波さんどうにかしてください。
 
さて、最後微妙に不穏というか多少びっくりするような終わりでしたけど、どうなるんですかね。

WORKING!! (12) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ
スクウェア・エニックス
2013-12-25

 
livedoor プロフィール
アーカイブ
カテゴリー
最新コメント
記事検索