気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

so-bin

オーバーロード14 滅国の魔女

ico_grade6_4

「だが――これは現実だ。けっしてそんなことはない」

 

魔導国の知恵袋が1人、アルベド。

ナザリックの駒として飲み込んだ犯罪結社・八本指を動かし、いずれくる王国との決別に備え、馬鹿に派閥を作らせる裏工作を進めていたわけですが……

馬鹿が独断で暴走。魔導国の荷馬車を襲撃するという愚行を働いて。

この場合、策士策に溺れるというか、馬鹿は死ななきゃ治らないというべきか。

馬鹿は、時に想像もつかない行動をとるから馬鹿なんですよ……

 

馬鹿が動員できる戦力なんて知れているわけで。荷馬車には護衛も居たので、戦えばそれで終わっていたんでしょうけど。

下手に八本指は結束を強めて、横のつながりが強まっていたのが裏目に。

旗頭として祭り上げている馬鹿の顔を、輸送団の男が知っていたのが運の尽き。

これもまた何かの策謀かと勘ぐった結果、失敗するはずの襲撃が成功してしまった。

いやぁ、アインズの前に連行されたヒルマ、本当に生きた心地しなかっただろうなぁ。同情してしまう。

 

馬鹿のしたこととはいえ、相応の反撃はしなくてはならないと燃える守護者たち。

しかし参謀2人は、かつて彼らの王が口にした「廃墟となった国では名前に傷がつく」と言う言葉を覚えていたので、対応に悩んでいたようですが。

……そうか、覚えていてこれまでの惨状なのか……と、恐ろしさを感じましたね。いやぁ、悪役極まってて凄い。感動すら覚える。

敵視された方からすれば、たまったもんじゃないですけど。

辛うじてストッパーがあったらしいですけれど、今回の件で昇華されちゃったからな……

 

王国を徹底的に叩くことで、先んじて従属した帝国とのギャップを演出する、新たな飴と鞭作戦。

駆り出された守護者たちが創意工夫して、都市を潰し民を逃さない方法を考案・向上させてるのを見ると、今後の相手が可愛そうになりますねー。

アインズを敵視する、他国の勢力が介入したりする場面もありましたが……見事に偽の情報掴まされてる辺り、世界がヤバい。今更か……

 

さて、王国は全滅と言っていいくらいの惨状になったわけですが。

魔導王に与した人物たちは生き延びていて。牢にぶち込まれて、恐怖公未体験だった幹部のコッコドール。見捨てるのもアレという事で、回収されてましたが。幹部だったから恐怖公送りにされていたので、助かったと言えるのかどうか……

そんな中で、しっかり自分の望みを果たしているラナーが、一番恐ろしいですね……。最後の挿絵、ぞくっとしましたよ。

オーバーロード14 滅国の魔女
丸山 くがね
KADOKAWA
2020-04-12

オーバーロード13 聖王国の聖騎士・下

ico_grade6_3h

「本当に滑稽なことを書いて来るものだ。お前は魔導王陛下が亡くなられたということをどう思う?」

「まず間違いなく、絶対に、それ以外ないというぐらいの確率で超大嘘ですな」

 

かなり厚くなった大作ですねぇ。楽しく読みました。

帯の「遂に、アインズ死す」って文句を見た時は「うっそだー」と笑いましたが。

ジルクニフやリユロと言った、アインズを良く知る被害者達にも全く信じられてないことにさらに笑った。

八本指の面々が、バカに振り回されて苦悩し、連帯責任を恐れるがゆえに、仕事が滞っていればフォローし、体調を、精神状態を気遣うようになっている辺りも、必死さがうかがえますな……

 

とまぁ、アインズを知る面々は死ぬなどありえない、と思っても。

聖王国の人々からすればそれは分かりえない状況なわけで。

大群に包囲された状況下、アインズはヤルダバオトに備えるという名目で様子を見ていたが、途中から参戦し、亜人を蹴散らして評判を上げてましたが。

その後現れたヤルダバオトとメイド悪魔のチームとの激戦の果てに消息不明に。

 

……裏側知ってると茶番にもほどがありますが。

他国の王を招き、共倒れを狙ったとはいえ、ヤルダバオトが生きてる状況で、アインズに脱落されて、悩みが尽きない状況。

アインズとの戦いでヤルダバオトが負傷したタイミングで、北部の都市を奪還したい、という流れになり、アインズから弓を託されていたネイアがシズと潜入作戦をしたりしてましたが。

このネイア……防衛戦の中で、アインズこそが正義だという芯を自らの中に確率してしまって。

潜入作戦によってネイア自身も英雄の如く名を上げて。

 

……感銘を受けたアインズの生き様を語り、同志を増やし、シズが非公認ファンクラブとか零してましたが、そんな感じの団体を設立してるのには、感嘆の溜息しか出ないと言いますか。

……このエピソードの間で、ここまで変わろうとは予想できなかったな……あまりにキャラが変わりすぎたからって、巻末に二回目の紹介乗ってましたからね。

聖王国はかなりヤルダバオトに蹂躙されましたが、最後はアインズによって『魔皇ヤルダバオト』役の悪魔を撃破。

聖王国はひとまず目の前の危機からは脱したものの……中枢に毒が残ってるからなぁ。この後が、また大変なことになりそうな予感しかしませんが、どうなるやら。

 



オーバーロード12 聖王国の聖騎士・上

ico_grade6_3

「私だって弱ければ奪われる立場となる。だからこそ強さを求めるという事を忘れてはいけないのだ。自分と同程度の力を持つ存在はいるに違いない、と心に留めておかなくてはな」

 

聖王国というこれまでナザリックが手を出してこなかった国家が描かれていましたが。

それがノリノリのデミウルゴス……否、魔皇ヤルダバオトによる蹂躙になろうとは……これは、なんというか、もう本当にご愁傷様というか。

蹂躙される側の日常をしっかり描いて、持ち上げてから、叩き落すんだからもうただ蹴散らすよりも凄い迫力があるというか……

 

ジェットコースター的みたいな感じで、決して聖王国の人々は無能なわけではなく、しっかり自分達にできるだけの対策を練っていた。

けれど、ナザリックの戦力を相手取るには、全く足りないもので。

まぁ、初期からナザリックが過剰戦力なのは分かっていたことですが、それにしたって。

いい武器がある、とまさかあんな攻撃をしてくるとは予想していなかった、と言いますか。

 

これで心折れずに、他国に応援を求めに行ける強さはあるんですよね。

守るべきものを守れなかった聖騎士長ははかなり心が荒んで、危うい雰囲気になっていましたけど。

個人的に今回一番面白かったのは、アンデッドを忌み嫌う聖騎士たちが、アインズの支配下にあるエ=ランテルを訪れた辺りですかね。

 

「一日この都市で生活すれば危機感も麻痺して気にならなくなるとは思うが、まぁ、最初の一日が問題じゃな」とか入国管理官に言わしめる辺りは吹いた。

というか大森林のナーガだろ、アレ。予想外のところで再登場しててました。

アインズの恐怖を知っている、茶飲み友達の未亡人殿って、この間ドワーフのところで拾ってきたドラゴンなのでは……? とか思いましたが、どーなんだろう。

ドラゴンとナーガが茶飲み友達だったら笑えるというか、魔導国カオスすぎるな……

 

ヤルダバオトを退けたモモンの力を借りたい、と彼らはアインズの元にやって来たわけですが。

治安維持に尽力しているモモンは貸せない……だから私が行こう、とアインズが、単身乗り込むことに。アルベド達の脚本のようですが、単身他国に乗り込む王とは……

上下巻という事もあって、今回はアインズ無双は抑えめで、聖王国の描写が多めでしたね。

アインズの従者としてつけられた、ネイアが勘違いでどんどんアインズの評価を上げていく様子には笑えましたが……どこまで行くのかなぁ、彼女。



オーバーロード11 山小人の工匠

ico_grade6_3

 「……それではデミウルゴス主催のイベント、その時が来るのを楽しみにさせてもらおう」
 

今回は厚さの割にあっさりした展開だった気がします。

面白いは面白いんですけど、次回以降に向けた溜めの部分が多いように感じました。

帝国が属国となることになり……アインズは国の管理という重大事を処理できる自信がなく、現実逃避を始めて。

 

ドワーフ達の持つ技術。「ルーン工匠」なるユグドラシルになかった存在。

そうしたものに興味を持ち、ドワーフ達と友好的に交流しようとその国に踏み込むわけですが。

ドワーフ達は、クアゴアという同じように地中で活動する種族と争っている最中で。

アインズはクアゴアを蹴散らすから、ルーン工匠を魔導国へ寄越せと要求。

 

まぁ、アインズ自身はもっと丸い言い方をしてましたけどね。奴隷として扱うことはない

とか色々言ってました。

……アンデッドのいう事なんか信じられるか! とドワーフ達の会議は大荒れでしたが。追い込まれてるのに間違いはないので、アインズの手を取って。

 

しかし、本当にナザリック陣営の戦力が強すぎて、もう……

ドワーフ達をあと一歩のところまで追い込むほどの勢力になっていたクアゴア達の末路たるや。

……まぁ、今回一番残念だったのは、アインズに瞬殺されたドラゴンですけどね。

帯にあった「最強の種族」とは何だったのか……

 

知恵者デミウルゴスは今回のアインズの行動からも、裏事情を汲んだようですが。

一体どういう所まで影響が及ぶのか、とかその辺の解説は無く、ちょっと物足りなかったかなぁ。

アインズが与えたインゴットを持ち逃げしたドワーフの行先なんかも気になるところです。

 

エピローグで、エンリの様子が描かれていましたが……

ンフィーレアと結婚したみたいですねぇ。それは喜ばしくはあるけれど。

「義祖母と共に行っていたポーション開発から手を引いてもらって、人が増えた分将来必要になるかもしれない薬の貯蔵に回ってもらってる」という一文が微妙に気になる。

アインズがンフィーレアに価値を見出していたのは、ポーション開発の方にこそあったと思うんですが。祖母の方がやっているから、何とかなるのかなぁ。

 

ルプスレギナが最後、ちょっとエンリに不穏な話を振っていましたが……

いやまぁ、ルプスレギナの態度からして確実に虚報だしなぁ。デマを流して膿を出すつもりなんでしょうか。

次回予告「アインズVSヤルダバオト」って……マッチポンプにもほどがあるというか。

一体これでデミウルゴスは何をしでかすつもりなんですかねぇ。

 

 

オーバーロード10 謀略の統治者

 ico_grade6_3h

「どうする? 人の守り手たる我々が取るべき最善の手段は何だ? 一体で一国を落とせる化け物五百体をどうするべきだと思う?」

「兵力にして小国五百個分とか……頭おかしいんじゃないか? どれだけバランスの壊れた国だというんだ」

 

魔導王として名乗りを上げたアインズ。

あの戦場での強大すぎる魔法と、それによって引き起こされた惨劇。

帝国の騎士も、トラウマ作って職を辞した人が多くいるとか。

その中で、アインズは国をどういう方向へ持っていくのかを決めて。

かつてギルド『アインズ・ウール・ゴウン』が行っていた、様々な種族が入り混じった集団を作り上げる。

「どこかにいるかもしれない仲間たちが、異形種であっても様々な者たちと笑って過ごせるような」そんな国。

 

理想としては美しいし、実現出来たら一種理想郷かもしれませんが……

都市の様子を聞いた法国の幹部が「なんじゃ、そりゃ。それは……どこの地獄じゃ」と零すような景観だからなぁ。

アンデッドと人との溝は埋まらない気がしますが……ナザリックの連中ならどうとでもするか。

 

皇帝もやることなすこと空回りしているというか、自分のやりたいようにやってるアインズに引っ掻き回されて、哀れと言うほかない。

彼の視点から見ると、本当にすべて見透かされているとしか思えない展開ですが。

……アインズの胸の内を知っていると、過大評価しすぎですよ、と教えてあげたくなる。

まぁ、戦力的に過小評価してるので驚異の値としてトータルで見ればそう間違った対応ではないのか。

 

アインズが張り子の王様やっていたら、デミウルゴスの手によってもっと凄惨な目に合ってからの屈服という展開になったかもしれませんし。

一番血の流れない道ではあったと思います。

……属国としての扱いを決めるのがアルベドとデミウルゴスな時点で、なんか今から不安が募りますが。

そして11巻はどこかで見たような予告。アインズがドワーフの国へ赴くそうですよ。

さて、今度胃の痛い思いをするのは誰かな……

オーバーロード10 謀略の統治者
丸山 くがね
KADOKAWA/エンターブレイン
2016-05-30
 

ドラゴンレイド戦竜伝Ⅱ

ico_grade6_3h
「――それに、俺はもう共に生きるべき相手を決めている。悪いが、おまえに従うことはできねーよ」


皇帝竜アーレスグリュッド。
帝国の威信の象徴であり、皇帝の相棒。
その暗殺を依頼されたガルスでしたが、リズという怪しげな存在がいる時点で、この結果は予想で来てましたよね。
おいしそうな素材を用意しておいて、あっさりと死なせるとか、北沢さんは手を抜かないなぁ。
ま、長い歴史の中で死んでいたのが隠蔽されていたというだけで。

皇帝崩御によって、帝国という場所で多くの話が進みだしたというだけでもあるんですよね。
竜殺しと新たな相棒。そのコンビを慕う王族に、実力ある貴族。
コントベルリ伯爵が思ていた以上にいい性格していて、「戦争」の時とかはかなり痛快でした。
フォールンドラゴンを操る司祭たちと、蛮族たちの王についた人物までも行動を起こして。

ガルスたちの物語を十全に描き切った、良質のストーリーであったと思います。
元婚約者とか、かつて放浪していた時の仲間なんかも出てきて。
データも掲載されている分、厚さの割にストーリーは少な目となっているんですが、それを感じさせないほどの密度。
これだけ派手に帝国滅茶苦茶にしていいのかなぁ。まぁ、引っ掻き回されて混沌としているほうがPCで遊ぶ余地が残っている、という事かもしれませんが。


ソード・ワールド2.0ストーリー&データブック ドラゴンレイド戦竜記

ico_grade6_4
「ああ。ここからは小細工なしだ。任せておけ。俺たちは――勝てる」
一度負けた相手を前に、気負いがない。
恐怖は、感じていた。だが、飲みこめている。覚悟が、力になる。


新しいエリア、プロセルシアを舞台に展開される新シリーズ。
少し前に刊行していたシリーズもののリプレイが立て続けに完結したため、新しく展開されていくストーリー。
ベーテさんのリプレイもそうですが、コンセプトは「ドラゴンレイド」だとかなんとか。
ま、コンセプトにもタイトルにも入っているように、キーワードは竜、ドラゴンです。

竜騎士がわんさかいる大陸。
ドラゴンを大地の守護者として考えているドラゴン信仰が浸透している。
ここでは、ドラゴンは、権力の象徴だった。力あるドラゴンに騎乗している物こそが力を持つ。
ドラゴンにのれる竜騎士は全て貴族となり、ドラゴンの格によって、爵位すら決まる。
昔は、しっかりと手順を踏んだ力ある竜騎士が多くいたようですが、最近は血縁によって継いで、「とりあえず龍に乗れる」とか「竜に乗せてもらっている」程度のなんちゃって竜騎士も増えてきているようで。
腐敗が進んでいって、けれど伝統があるから、それを撤廃するのも難しい、と。
中々面白い設定の舞台ができてるんじゃないのかなぁ、という感じです。

データ部分ばかり書いていましたが、小説も結構面白かったです。
そんな竜が中心の国において、騎竜を失った騎士の呼び名「竜殺し」。
その称号を受けたものは、呪いの烙印を受け、二度と竜に乗ることを許されず、また単身で狂い災いを成すようになった害竜に挑むことを強いられるようになる。つまり、竜殺しとは、遠回しな死刑のことである。
大概人の身で龍に挑めば死ぬ。かろうじて生き残ろうとも、また次の戦いに駆り出されるだけ。
しかも、期限も恩赦などもないっていうんだから酷い制度もあったもんだ。

竜殺しとなって、仇を探しつつ、日々を生きているガルス。
彼が、不可思議な少女と出会った時から全てが動き出していく。
皇族と顔なじみになったり、厄介ごとに巻き込まれたり。
竜こそが全てという価値観だから、失った者に対しての風当たりも強いですねー。
それまで、前線で戦っていた勇士であるというのに、竜殺しになったら嫌味をぶつけるとか。
そんなに言うんだったら、お前ら、自分で戦って来いよ、とどれだけ思ったことか。
ま、途中に出てきていたお姫様みたいに、まっとうな価値観を持った相手もいるようですし、どうにか腐敗した現状に立ち向かっていってほしい所。


ソード・ワールド2.0リプレイ カルディア・カーニバル!

ico_grade6_3
プレイヤーD 占い師でうそつきだと、完全にインチキだなー(笑)。
フワ いえいえ、霊感商法なんてやったことナイデスヨー?
一同 (笑)

『カルディア・グレイス』というサプリで追加されたデータを紹介するという意味合いが強いリプレイ。新種族や、新技能など、それを中心に取得したPCたちの冒険模様がえがかれています。

こういう、サプリに合わせたリプレイとかもあると結構理解しやすくて助かりますねー。まぁ、全サプリに合わせて発行するっていうのは中々厳しいものがあるとは思いますが、たまにこうやって書籍化されてくれるとちょっと嬉しい。
SWはリプレイ読んだだけ、手元には基本ルルブのみって状態なんで、何言ってんの、という感じですけど。サプリメントも懐に余裕あったら手を出してみますかねー。
問題は、いつ余裕があるか、という所なわけですが。

第一話 カルディア・カーニバル
第二話 カルディア・クライシス 
の2話を収録。 
色々と紹介するという目的から、2話掲載した後には、用語解説なんかもついていたり。
また、巻末には、付録として、色んな店に出資することのできる『交易ルール』が追加されています。

シャドウのウォーリーダー、フィーのミスティック、フロウライトのコンジャラー、ウィークリングのプリ―スト、ラルヴァのデーモンルーラー。
フロウライトとか結構面白そうだと思いますね。
鉱石が人の形を取っているとか、なんかプレイしてみたい。……サプリないし、結構癖強そうなので、ぶっちゃけ運用しきる自信もないですが。

第一話は、説明のシナリオってことで、結構簡単に。
一般人が危険な場所に言ったみたいだから確認してきてよ、って依頼を受けてみたら背後には魔神使いの影が見えて。ラスボスを殴りに行く、と。
第二話は、ひょんなこと(GMという神の采配)から再び巡り会ったPCたちがちょっと規模の大きな事件に向き合う話。異種族の絡みはこのメンバーだと結構響くかなぁ。人間いないし。ウィークリングとラルヴァいるし。

元は単発のシナリオだったのを、書籍化に合わせて2話目を収録した、というタイプのリプレイ。データ解説用っていうのもあって、読みやすいけど、盛り上がりというかインパクトっていう部分では物足りない。まぁ、その辺はモノプレイ故となってしまうんですがねー。
プロフィール

ちゃか

 新刊・既刊問わず、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。コメント歓迎。ただし、悪質と判断したものは削除する場合があります。当サイトはリンクフリーです。ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ