気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。

【1巻】クラッシュ・ブレイズ 嘆きのサイレン

ico_grade6_3h

「天使。頼む。今回だけはどうしてもお前の力が必要なんだ。俺を助けてくれ」

 

ケリー・ダイアナ・ジャスミンの大人チームと、リィやシェラ、ルゥ達のチームとの話が重なっていて、これまでの物語の積み重ねを感じますねぇ。

あくまで眠っているだけだから、とジャスミンの生体情報をクーア財閥の認証キーの最優先に設定していたケリーは、いい性格してます。

 

幹部連中はアレク以外はジャスミンの事を知らなかったのもあって「貴女にそんなことを言う権限はない」とか口走ってましたが……眠っていただけだから、財産もしっかりと継承してるので、財閥の総帥は彼女だって言うのが分かってないのがなぁ……。

まぁ、いきなりやってきた過去の人物がトップに立ちますと言われて、すぐに飲みこめるものでもないでしょうけど。

ジャスミンの、四十年ものブランクがあるため運営に口を出すつもりはないけど監察はするって距離感は、上手い落としどころだと思います。

 

屋敷に戻って執事バーンズと対面したり、引退したマヌエル一世の下に会食に行って……そこで辺境で起きている奇怪な事件について知ることに。

同じエリアで短期間に連続して起きた宇宙船に生じる不具合。それを調査に赴いたら、通常とは違うダイアナすら影響を受けてしまって……。

やむを得ずルゥに手助けを頼んでましたが。情報が少ない中ルゥは良くケリーたちのところに辿り着いたものです。……その過程で、連邦の中枢の人物が恐怖を味わう目になっていましたが、まぁ、うん。過去の因果が報いた結果だから……。

 

ルゥはケリー達が読んだ助っ人でしたが。その辺境の星に、体験学習で訪れていたリィとシェラが居たのは、結果としてはとても幸いなことだったでしょう。

機械に頼らない生活を体験する授業って事ですが……この二人にとっては、何一つ問題がない生活ですからねぇ。他の生徒よりもレベルの高い課題を課されることになって、それも難なくこなしていたのは流石のひと言。

 

問題への対処に必要だから、とルゥが本気で歌うことになりましたが。戦闘面を担当する女王と海賊が、彼女たちの本領を発揮できる舞台で、影響を受けてしまうのが、それほどに強い歌だと読者にも伝わってくるのが好き。

……地上で歌を鑑賞しているだけのリィとシェラは、かなり穏やかな気分だったでしょうけど。海賊が天使に向けている信頼が、とても尊くて好きです。




余談)リンクを張るためにBOOK☆WALKERで作品を確認した所、シリーズまとめてストアに登録されたみたいで、順番がバラバラです。今から紙でシリーズ購入するのは大変かと思いますが、電子版に手を出す際はお気を付けください。

転生王女と天才令嬢の魔法革命1

ico_grade6_3h

「さてユフィリア嬢行こうか! 私が攫ってあげる!」

 

魔法が存在する世界に転生した主人公。王女として覚醒した彼女には魔法の才能が無く……それでも空を飛びたいだとか願いを叶える為に努力を惜しまなかった。

魔法科楽という独自の研究によって、便利な魔法具だとかを作ってますけど。魔女箒みたいな趣味に走ったのも作ってて、キテレツ王女と呼ばれてるのもまぁあながち間違ってはない。

 

でも、善性の人ではあるんですよねぇ。弟によって今まさに婚約破棄を突き付けられ、涙を浮かべた少女を救おうとするくらいには。

その手段が「攫う」だったのはアレですが……その足で王と令嬢の父親に話を通しに行ったり、名誉回復のための方法を立案したり、なんだかんだベターな道を選んでる感じもします。

ユフィを運んでるとき「軽い 柔らかい あったかい」とか思ってるのも本当なので、なんだろうメリハリが効いてるというか温度差が激しいというのもありますけど。

 

「ユフィリア嬢を攫ってまいりました!」のシーンでアニスが本当に生き生きとして……その後国王は憤慨してるのに、ユフィの父親であるグランツ公は諦めてお茶飲んでるコマも含めて笑えました。

魔学解説パートはアニスの説明の口調が微妙に合わないなぁとかあるんですが、全体的にはアニスの熱量も好ましい範疇ですし、ユフィは可愛いしで好きな作品ですねー。

電子版購入しましたが、カバー裏のイラストも収録されてて良かった。アンケートとったらしいコスプレイラストだったんですけど、ノリノリのアニスと照れてるユフィとが正確でてて好き。


暁の天使たち外伝2 天使たちの華劇

ico_grade6_4

「この格好が客寄せになるっていう理屈は正しいと思ったからさ。本当にいやなら、おれはやらない」

                                                                                                

ヴァンツァーが論文に不可を出されて相談にやってくる「一般市民のすすめ」。リィが寮長のハンスにロッドの腕を見込まれる「常識の問題」。

学園祭で喫茶店を開くことになり、リィとシェラが給仕を務めることになる「ヴァレンタイン卿の災難」。シェラがかつてつくった衣装に再挑戦する「趣味の時間」の4編が収録されています。「ヴァレンタイン卿の災難」だけ中編で他は短編。

 

単位を餌に夜の誘いをしてくる教授はバカ過ぎるけど、とりあえず要求を呑んだ後消そうとするヴァンツァーもまだこっちの常識に馴染んでない感じがして笑える。

……これまでも同様の手口で被害者が出てるので、笑えないですけど。ヴァンツァーに声かけた時点で破滅確定してるようなもんだからなぁ……。実際、見事に沈んでいったので痛快でした。

 

「常識の問題」は、本調子ではないリィがうっかりハンスをロッドで倒してしまって、腕を見込まれてチームに勧誘されていく話なんですが。一般市民を目指すリィはそれを断って。真剣勝負の片鱗を見せて、ハンスを鍛える方向に行くのは、リィ達ならではだなぁ。

 

「ヴァレンタイン卿の災難」に関しては、表紙にある衣装――ウェイトレス姿になって接客をするという喫茶店のはなしですが。シェラ渾身の作品を金銀天使が纏うだけあって映えますねぇ。

チャリティーも兼ねていて、諸々を最後オークションに出していましたが。マーガレットが全力で落札したのも頷ける。

 

「趣味の時間」はかつて王妃に作った衣装を、シェラが改めて作る話。自主制作衣装の発表、その代表の代理に選ばれたからですけど……既に決まっていた人物が、デザイン画提出前日に骨折してしまったというのは不運でした。

そこで短い期間でウェイトレス衣装を仕上げたシェラに話が来たようですけど。こちらの世界に来て、あの衣装の基となったデザインも見て、再挑戦したいというのはシェラらしいですねぇ。

暁の天使たち外伝1 舞闘会の華麗なる終演

 ico_grade6_3h

「自己満足って言うけど、あなたのその自己満足のおかげで、あたしはダンに会えた」

 

6巻で描かれなかった時間軸を穴埋めする『嵐の後』。ダンの息子であるジェームズがルゥを探しに行きたいと言い始めるエピソード『宇宙一不幸な男』の2編を収録。

『嵐の後』では、ダイダロス・ワンからリィ達が逃げる時の状況が追加されていたりしますし、ケリーの身元確認のために連れてこられていた「関係者」とジャスミンが再会してるシーンも入ってます。

 

四十年が経っていても、昔なじみをしっかり見抜く目を持っている辺りは流石ですね。

ダンも鉢合わせてヘレンやプリスティンに正体を見抜かれてましたから、女性陣の目が鋭いと言うべきか。

しかし、ガイアへのフリーパスであるケリーが帰還してくれたことで、説明がスムーズに済んだように。今回と同様の事例が起きてないか調べる為に、統合管理脳ことゼウスの助力を求められるジャスミンがいてくれたのは本当にありがたかったですね。

良いタイミングで帰って来てくれたものです。

 

一方、パラス・アテナ内部でのリィたちのわちゃわちゃ具合も楽しかったですね。負傷したリィがレティシアを栄養食扱いしてるのは、さすがの野性っぷりと思いましたが。その後、まさかのお菓子作りを始めたのには驚いた。

実際、美味しそうな品が出来て呆然としてるファロット三人の様子が本当に笑えましたねぇ。リィを知らない怪獣夫婦とダイアナからすると、その反応こそ分からないみたいでしたけど。

後は、シェラが披露した謎の力。『月』としての力の現れでしたけど、普段は『太陽』と『闇』が強いから表に出てこない、という設定にはなるほどな、と思いました。
しかしそれだと、使う練習とかできそうになくてそれはそれで大変なのでは。そうなんども二人が動けない状態にはなってほしくないですけどね。

 

『宇宙一不幸な男』に関しては、ルゥを諦めきれないジェームズのために一芝居を討つ話ですけど。思わぬ着地をしてダンの胃にダメージ入ってて笑えました。

八男って、それはないでしょう!9

ico_grade6_2h

「まぁ、俺はどういう結末になってもいいですよ。初戦は余所者えすし、最悪途中で逃げ出せます。でも敗戦した場合、ニュルンベルク侯爵も今さらあなた方を許すかな? 彼は中央の力が強い帝国を作りたいでしょうから、一度は許されたとしてもあとで言いがかりをつけられてしまつされるかもしれない。この勝たねば明日が無い状態で、内輪揉めをする余裕があるとは驚きだ」

 

帝国が成立する前から存在していた、ミズホ伯国。黒髪黒目の者が多く独自の文化を持つ……言ってしまえば日本的な国。

ヴェルは自分で作るよりも上質な和食の材料などがゲットできると、凄くウキウキしていて異文化交流してるシーンは楽しかったですね。

 

ただまぁ、状況がクーデター中であるのは間違いなくて。

ヴェル達はどうにか王国に戻れないかを模索していましたが、王国からの伝令が「王国の利益を考えて動け」と激変する帝国情勢を見極めよと命令を持って来たら、流石に逆らえないんですよね……。

 

いやいやながら参加することになって、そうなれば真面目に仕事する辺りはヴェルらしですけど。「妾のために協力してくれるのか!」とか言うテレーゼは苦手。

ニュルンベルク公爵を筆頭に敵に魅力を感じないし、味方は足を引っ張りがちだし、どうにもモヤモヤしがちなんですよね帝国編。

 

死者を呼び出し自らに憑依させる能力の持ち主が、ヴェルの師匠を召喚して戦うなんて場面もありましたが。WEBよりは強さが増してたような。一回生き延びてるし。ただ復活怪人(怪人云うな)は扱い難しいですよ、としみじみ。

ヴェルが和食的なミズホ食に出会えたのと、エルに今度こそまともな春が来そうなのくらいが、良いニュースですかねぇ……。


鬼人幻燈抄 明治編 君を想う

 ico_grade6_5

「さらばだ。もう逢うこともあるまい」

「あほ、こういう時はいつかまた逢おうって言うもんや」

 

「逆さの小路」という怪異の噂について調べていた甚夜は、気がついたら鬼の異能も行使できない状態で白雪と対峙していた。

鈴音も居る、懐かしの光景。夢の様に、幻の様にその光景を見ていたら、かつてと違う言葉が飛び出してきて……彼は過去の未練を断ち切り、現世に帰ります。

存在しないと断言した老人が語った、噂話の真相が重かったなぁ。甚夜の調査時代はそこまで苦戦もせず、あっさり解決した部類になりそうですが、心には刺さる。

 

そしてまた時は流れて、野茉莉も成長して。作中ではもう結婚していてもおかしくない年頃だけれど、かつての約束もあり、彼女は自分の意志で甚夜の傍にいることを決めて。

父親とかの視点からは、思う所もあるようでしたけど。結局は、野茉莉を尊重して受け入れてる良い親子関係だなぁ、と本当にほっこりしました。

だけど、平穏は長く続かず……かつて広まった「人を鬼にする酒・ゆきのなごり」。それと同じ名前、ラベルの酒が京都でも流通し始めて。

実体は普通の酒ってことでしたけど、これはつまりマガツメの策略が迫っている表れでもあって。

 

甚夜がマガツメの下に踏み込みつつ、染吾郎達に助力を要請している辺りは成長を感じましたね。

三代目が甚夜の親友として、命を賭けて矜持を示してくれたシーンが本当に好きなんですよ。最初は親友がこれ以上の重荷を背負わないように排除しようとして、それが叶わないとしても人としての意地を見せるべく言伝を残していた。あぁ、本当に得難い友であったことよ。

 

親友を失った後に、娘にまで手を伸ばしてくるあたりマガツメの策略の悪辣さが光ります。……悪辣であろうとした結果ではなくて、本人も言っていた通り甚夜がどういう選択をするのか見たかったので、極限の状態を用意したって感じではありますが。

明治編の営みが温かかっただけに、それがどんどん崩れて行ってしまったの、本当に悲しかったなぁ。それだけ、丁寧に描いてくれていたからこそ、喪失の痛みがあるんですけど。もどかしくはある。

 

巻末の幕間「未熟者の特権」では、京都に残った平吉のエピソードが描かれていて、知りたかったその後の様子がある程度見られて本当に嬉しかった。あの場所に甚夜が居ないのが、どうしようもなく切ないけれど。

「出会いは、別れのためにあるんやないぞ。いつかぶん殴ったるから首洗って待っとけよ」

という元少年の誓いが、とても良い。

理想のヒモ生活14

ico_grade6_3

「両国の善き関係が今後も続くよう、私も全力を尽くす次第です」

 

双王国が北大陸で忌避されている、白の帝国の末裔であることを打ち明けられたゼンジロウとアウラ。

ルクレツィアより、双王国に受け継がれていた口伝について明かされましたが……双王国の伝承を信じるなら、暴走には関与してなかったりする家の生き残りではあるようですけど。

 

古い伝承であるために、教会と双王国のどちらが正しいかは判別できず。けれど、間違いがないのは、教会が白の帝国を敵視している以上、その問題から目を逸らすわけにはいかないって部分で、なんとも面倒な状況になってますね。

否応なく巻き込まれる事となったのは、フレアの故郷であるウップサーラ王国も同じみたいですけど。とりあえずは三国間では協調できそうな雰囲気になっていてホッとしました。

 

ただ、そうなればゼンジロウが双王国から側室を取るというのは、ますます持って避けられぬ話になって。

筆頭候補であるルクレツィアとゼンジロウは価値感違い過ぎて、どうにも上手くいく未来が見えませんが、どうするんでしょうね。

伝承を聞いて気になってたところで、ウトガルズという北の国から招待状が届くんだからまたぞろ問題をひっかけて来そうですが……相手の目的も読めないからなぁ。
招待状見た双子のリアクションが同じで笑いました。

放課後の図書室でお淑やかな彼女の譲れないラブコメ2

 ico_grade6_3

「なぜ正しい答えを出さないといけないの?」

(略)

「正しいか正しくないかなんて、どうでもいいこと。お前がどうしたいかを考え、お前にとっての答えを出しなさい」

 

自分の感情が作り物ではないか、という悩みを抱える静流。

それでも奏多先輩から「自分の感情に誠実であれ」と言うアドバイスをもらって、彼なりに努力していってました。

義姉である蓮見先輩とのやりとりも、随分と丸くなってきたというか。あけすけなやり取りしてる二人が結構好きですね。

 

キャラとしては飄々としてるというか、要所で出て来て助言してくキャラ枠になってる奏多先輩が一番好きですけど。……いい性格してて、蓮見と瀧浪どっちもからかってる節もあるからなぁ。一番強かなのもこのキャラなのでは……。

 

クラスメイトに通学に使う駅が変わっている事や、蓮見先輩といた事を見られてそれっぽく聞こえる嘘を吐いた。

しかし、その彼は蓮見の中学時代の後輩でもあって、彼女の口から真実が明かされてしまって。それに加えて瀧浪のストーカーなんて噂が学校に流れて、あちこち関係がぎこちなくなってましたけど。概ね丸く収まって良かった。

 

自分に自信が持てないながらも、しっかりと「瀧浪泪華が好き」という言葉を口に出来たのは偉い。ただ、それは確かにあるけれど、本当か分からないもので。

だから付き合うには至らず、今まで通りと言うのはもどかしいですけど彼らしい、か。

暁の天使たち6 天使の舞闘会

ico_grade6_4

「だから、おまえが迎えに来てくれ」

 

ルゥが暴走を始めたとき、ファロット三人はなにがしかの異変を感じたようですが……リィはなぜか察する事が出来なかった。

その間に状況が進行し……セントラル星系は、ルゥの怒りによって滅ぼされようとしていた。

 

ルゥは行動を激化させる前にヴェラーレンに会ってましたけど……ただ息子に帰ってきてほしかっただけではなく、「理想の息子」になって欲しかったが為の行動だったって言うんだから、度し難い。

5巻でケリーが指摘してましたけど、息子の死後三年娘をほったらかしにしてたり、良い親要素全くないからなぁ……。良い仕事についてるから、資金問題がないことだけが救いか?

 

幽霊星の異常を知っているダイアナも困惑する、あり得るはずがない異変。ケリーは即座にリィに連絡を取ろうと行動を開始します。

その後も要所で美味しい活躍してくれてるし、デモンも言っていましたけど本当によくぞこのタイミングで帰って来てくれていたものです。

なんだったら連邦相手の交渉も任せられるし、ガイア相手のフリーパスまで持っている。んだもんなぁ。色々すっ飛ばせたのでラッキー。

 

あずかり知らぬ下の暴走で、セントラルが……ひいては連邦が壊滅するかもしれない、となった連邦上層部の方々はご愁傷様でした。

そもそも今回の事件には情報局の長官が関与してるし、連邦の管理不行き届きによるものだから自業自得ではありますけど。巨大な組織になると身動きとり難くて大変そうですねぇ。

 

……まぁ、そういう組織の柵を抜きにしても。大人の傲慢があったのは否めませんけどね。全てが無事に収まったあと。ルゥにかつてリィが体験した「実験」を味わわせた後の反応を見るに、想像力が足りてなさすぎる。

 

暴走した相棒を止める為に、行動を開始したリィ。しかし、そうすればお互い無事で済むはずがなくて。シェラも一人でいかせるのは反対してましたけど、迎えに来てくれと言われてぽかんとした場面が好きです。

まぁ、ハラハラしましたが無事に帰って来られて何よりです。リィ戻ってこないとマーガレット意識不明のままになっちゃうしね……。

 

暁の天使たち5 女王と海賊

ico_grade6_4

「いいか、海賊。わたしを愛しているからだなんて言うなよ。今度こそ顔の形を変えてやるからな」

「どこまでも薄情な女房だぜ」

 

ルゥの力でケリーが蘇り、ジャスミンも目覚めた。

そして女王がダイアナを目覚めさせたことで、かつてケリーが願った再会までの道筋は整い始めましたが……未だにケリーは敵の基地の中。

それでも平然としているというか、総帥時代の積み重ねでむしろ黒幕側に冷や汗かかせているのはお見事としか言うほかない。

 

ヴェラーレンに、実は昔娘さんに味方したころあるんだよ、って通信で暴露するシーンとか。その後対面したとき、どっしりソファーに座ってるシーンとか、ケリーの強かさが感じられて好きです。

そうやって圧される場面がありながらも、自分の願いのために引きことは出来ない、とプラント技術の提供を求めましたが……そもそも渡しても意味がない、と

 

オマケに女王様のためにしっかりクインビーを整備した状態で遺しておくんだから、抜かりないですよね。

さすがに探知機能最新兵器は安全性重視になったせいで、昔に比べてパイロットの腕が落ちている、と。かつて共和宇宙一だった「あかいひこうき」が自由に飛ぶ姿を見られるのは読者的にも嬉しい場面ですね。あの映画撮影を覚えている人員が、この場所に居合わせたのも運命的というか。

 

ルゥの能力でそれらの場面をのぞき見していたリィ達ですけど、ダンの困惑はいかほどだったろうか。

思わずルゥに当てにしてはいけない力を頼ろうとするくらい、か。あれは母親が関わっていたからと言うのもあるでしょうけど、意外な展開ではありましたね。ジャスミンがしっかり相手を見抜いたのはお見事でした。母は強し。……いろんな意味で。

あと、ジャスミンがルゥに息子夫婦に恩義があると聞いた後、しっかりと礼を言う場面も好きです。

 

怪獣夫婦が再会を果たして、お互いにいえなかった事を告げて。これで大団円かと思いきや、最後にルゥが暴走を始めてしまったわけですが。最後の一文で理由もわかるから、連邦、なにやってるの!? と初めて読んだ時でも慄いたものですね……。

プロフィール

ちゃか

 ライトノベルやコミックを中心に、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。
 新刊・既刊を問わず読んだタイミングで記事を作成しております。
 コメント歓迎。ただし悪質と判断したものは削除する場合があります。
 ご連絡等はコメントかメッセージよりお願いします。

メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ