気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。 BOOK☆WALKERコインアフィリエイトプログラムに参加しております。

集英社

ワールドトリガー27

ico_grade6_4

「今回 遠征に行く前にお前自身の問題点が1つわかった だからこれでいい」

「お前がするべきことは落ち込むことじゃなくて 遠征までにこの問題点を改善することだ」

 

二宮も色々考えてはいるみたいですけど、言葉にするものが少なくて。

A級からの評価もちょっと辛口か……? 三輪から「このままだと雨取がつぶれるぞ」って発言も出てましたからね。

試験に本気で望んでいる修、仲間だろうと敵チームの弱点になるなら千佳狙いも辞さないあたりさすがのメンタル。冷や汗もかいてなかったぞ。

 

そしてボロボロにされて千佳は凹んでましたが。ずーんってなってる千佳、正直可愛かった。

東さんからのフォローもあって、今問題に気付けたなら改善していこうという方向に持って行ってくれたのは良かった。

後は、夜に同部屋になった絵馬と二宮が、各々が抱えていた胸の内を少しでもぶつけ合ったのは良かったと思いますね。

いつかはぶつからないといけなかった2人でしょうし。絵馬が人に期待するばかりで、自分から動いていないという点の指摘がされていたのは、彼の成長に繋がりそうですし。

カプセルで寝て起きた時に頭ぶつけてる東さん、ちょっと面白かった。

 

幹部陣がその日の評価下している会議シーン、相変わらず地味なシーンなんですけど、城戸司令が「三雲隊員の分析とアイデアも評価に値する」と言っていたり、それぞれの着眼点が見えるの好きなんですよねぇ。

読み返しても味がする、ワールドトリガー読んでるなぁって回で良かった。

若村が隊長として選抜されたのには、ボーダーとして先を見据えた方針故、と明言してくれたの良かった。

あと武富さん、「ランク戦実況開設システム運営主任」として幹部会議に参加してる絵面面白かったな。さすが実況実装の為に行動しただけのことはあるというか。そのまま主任やらせてるの、ボーダーの懐が深いというか。

 

質問コーナーも楽しかったですね。とりまるだけが片付けスキルを持っていたので、彼が抜けた後大変なことになっている太刀川隊とか。ルール無用で鬼怒田さんまで勧誘してる加古さん面白すぎるな……とか。面白ポイントが多かったです。

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)5

ico_grade6_4h

「れなちゃんって…… ……誰にでも優しいよね~」

「それ紫陽花さんが言う!?」

 

真唯に誘われてファッションショーの見学に行ったり、意図せず彼女の母と遭遇したりしてるの面白かったですね。

高名な人物がれな子より背が低いの、なんか良いなぁ。……「それで抱かれたの? それとも抱いたの?」とか唐突に聞いてきたりする、面白ウーマンではありましたね。

 

そこから帰宅したときに、妹の友人ズとバッタリ遭遇して、真唯ママパワーで株上がってたの笑えた。

動物っぽい髪飾りつけてる黒髪の子がデザイン的には好みでした。

ファッションオタクっぽくて、好きなジャンルについて語るときテンション変わってるの可愛いですよね。

 

コミカライズも、紫陽花さんとの交流を深めていくことになる原作3巻へと突入したわけですが。推しの紫陽花さん描写が増えてとてもニコニコしてました。

れな子と遊ぶの楽しみにして、ちょっと気合れちゃうところとか、ゲーム上手いれな子と弟たちが遊びたがって「もー!」ってなっちゃうところとか、あまりにも可愛いポイントが多すぎる。

原作と同じで、合間に視点が変わる「瀬名紫陽花さんのお話」が入ってるのもこだわりを感じて好き。

 

あとは40話扉絵で猫を見つけて、れな子の袖を引いてる紫陽花さんとかも良かった。41話の糸電話持ってるのも好き。ラーメン食べる時、髪型変えてるのもいいですよね……。

諸々あって家出を決めた紫陽花さんは「自分の知ってるところにしか行けない」というものであれど、行動指針は有った。ただ、押しかけ同行者のれな子はテンションバグってたのは本当にもう……「楽しいに決まってるじゃないか……」じゃないんだよ。

わたしが恋人になれるわけないじゃん、ムリムリ!(※ムリじゃなかった!?)4

ico_grade6_4

「わたしは嬉しかったよ」

「そうか では君の選択を尊重しよう」

 

41コマ目から、顔が良い紗月さんに見惚れてるれな子ですが、そのあと紫陽花さんから割と露骨なアピールされてるの、実にれな子って感じですよね……。

困惑して、ちょっと目線下にしてたり、ちょいちょいって袖弾いたり、手合わせてたりするの本当に可愛いんだよなぁ、紫陽花さん。

照れてるの可愛いので言えば、「私の心は私のもの」って言ってる紗月さんとかも可愛い。れな子はいっつもアタフタしてますが、周囲の女性陣に粉かけてるみたいな状況なんだから、甘んじて受け入れてもろて。

 

真唯と紗月の喧嘩を見て、紫陽花さんも仲立ちしようとしてるのいいですよねぇ。

まぁどっちも譲らないタイプというか、我がハッキリしてるのでバチバチになっていくんですが……。

動揺させるために証拠のキス写真提出してるシーン、正直笑えた。堂々とした方と衝撃を受けてる方とで二分されてて良い。

勝負の景品にされかけて、自分も参加することを表明したれな子。

真唯の方もしっかりと準備をして叩き潰しに来てる本気具合なのが良かったですけど、そこから紗月さんが見せた作戦が、友人ならではのもので良かったですねぇ。

 

「安い物だったわね~」の時のコマに移ってる2人のコマ、めっちゃ笑えます。

友人間のライン通話も間には勝ってるんですが、「仲直り成功」を香穂ちゃんに信じられてない流れとかも原作の時から好き。

描きおろし37.5話は、プレゼントのお礼を紗月さんが友人たちに伝えるエピソードで、保管キャラのリアクションも含めて楽しめました。



冒険王ビィト17

ico_grade6_3h

「それに…賭けられるか?」

「おめーとは会えばケンカばかりだけど…腕を信じなかったことは一度もねぇ」

「賭けるに決まってんだろ!」

 

スレッドがドクターから事情を聞いたうえでビィトに合流してくれたのがありがたかったですねぇ。

ライオが未だ生きているけど操られているという情報を得た上で、それに対処できるだけの腕を持っていたわけですし。

良く喧嘩する相手だけど、腕は信じていると頼れる兄貴分の対処を一任したビィトとスレッドの信頼関係、結構好きです。

 

幽霊船の外で戦っていたポアラが翼の騎士の助言を受けて、才牙に覚醒。

ゴリッゴリのパワータイプって感じでしたけど、実に彼女らしくて良かったですねぇ。

その後、幽霊船でのヒスタリオ戦に加勢しに行ってましたけど。女性陣への依頼が「ぶっ叩け」で「得意分野」と返すあたりが、らしくて笑った。

ビィト、ポアラ、キッスにスレッドミルファ。5人そろってヒスタリオと戦うことになってましたが……自分自身に奥義・牙流転生を使ったヒスタリオ、厄介過ぎましたねぇ。

倒すに倒せず、最終的には斧の必殺技に頼ることになっていましたが。逆にここまで頼れるブルーザムの才牙の頼もしさよ……制御できないと自爆技になる怖さもありますけどね。

 

最後の煽り文で、魔人との最終決戦の火ぶたを切ることになる事件の決着、と謳われていて、シリーズの決着も近いのかなぁとちょっと感慨深くはなりましたね。

……掲載誌が季刊誌なので、なんだかんだまだ年単位で続いてくでしょうけど。ぜひ完結までを描いて欲しいですね。

ワールドトリガー26

ico_grade6_4

「仲間の心配してたのは おまえのほうじゃねーか」

「おれは心配してないよ オサムと組んだ方が勝てるってだけだね」

 

相変わらずの遠征選抜編。

戦闘シミュレーションは前日よりもユニットが増えて、参加者の処理能力に負担を増やしてくる、実にいやらしい構造になっていましたが。

臨時部隊がそれぞれの方法でしっかりと向き合って対処していたの、熱かったですねぇ。メンバー構成が違うから部隊ごとに強みと弱みがあって、多くのメンバーがそれを自覚してるのがすごい。ボーダー所属の学生たち、優秀過ぎる。

 

その中でも弱みを多く抱えているというか、課題が多いのがヒュースのいる若村隊なわけですが。

色々考えてはいるけれど、迷いすぎて足踏みしちゃうのが良くないですねぇ……と外野からは言える。

諏訪隊も香取が一回スイッチ切れて絶不調モード入って停滞しかけましたけど、三雲が他の香取隊メンバーから話を聞いたり、諏訪たちから話を聞いた結果、師匠を売ることになってたのにはちょっと笑っちゃった。

モニターしてる烏丸第一の2人のリアクションも面白かったです。

 

機能より負担増えた戦闘シミュレーションをしつつ、しっかりと対策のネタを発見してる修の視野は本当にどうなってるんでしょうね……。

データ不足してて他の隊と交渉したいとか、ライン的にOKかわからない部分がある時とか、しっかり隊長として責任を負うと言ってくれる諏訪さんも派手さはないけど格好いい。

 

各話の間に質問コーナーがあるのは恒例ですけど、今回はマニア向けに戦闘シミュレーターのスキルリストとか乗ってて、本当にマニア向けで笑った。大分作り込まれてて草。

しっかり「エスクード攻撃」あるし、「隠密狙撃」とかに対処でくる「直感回避」って影浦サイドエフェクトの再現スキルなのでは……? それを言ったら「ツインスナイプ」とかもあるし、ボーダーのエンジニア大分遊んでるな。芦原先生が「謎に楽しかった」って言ってるのわかるなぁ。

花は咲く、修羅の如く1

ico_grade6_3h

「勝ちたくないなんて嘘だろ

 負けるのが嫌だからって 自分の気持ちをなかったことにすんな

 誰より朗読が好きな癖に」

 

離島に住む少女、花奈は幼少期にテレビで見た朗読劇に憧れて、それ以降自分でも朗読会を開いたりしていた。

島には中学校まではあるけれど、高校は本土に行くほかなくて……けれど、帰りのフェリーの時間もあるから、部活に入るのも難しい。

そして島の子供には花奈と同世代の子はおらず、「みんなのお姉ちゃん」として振舞わなければならない彼女は、我儘も零しにくい環境があった。

だからか、花奈はだいぶネガティブというか自分に自信がない少女なんですよね。

 

そんな彼女の朗読会を聞いた本土の高校の先輩が、花奈の声質を評価した上で放送部に誘ってきて。

勧誘のためにグイグイ来て、花奈の家に泊まりに来たりするあたり行動力が凄まじいですよね、瑞希先輩。

島育ちだったこともあって花奈の朗読技術は我流だし、放送部の全国大会「Nコン」の存在についても知らなかった。顧問に「(声に力があるのは間違いないけど)今は声質でごり押ししてるだけ」って言われてましたしね。

好きだから朗読を続けてきた花奈でしたが、大会を目指すスタンスの同級生の姿などを見て、揺れることになります。

 

いつも一人でやっていたから、同じ方向を向いて頑張れる仲間がいる環境は楽しい。

でも、同時に普通に勝ち負けという物差しを持っていて、それは今まで自分が持っていなかったものだから、怖さも感じていた。

そんな彼女の背中を押してくれる瑞希先輩が格好良くて良かったですねぇ。

……花奈が幼少期に見とれた朗読をしたとある人物について、家で暗黙の了解があるとか、色々不穏さもあるんですけど。花奈の持っている「好き」を失わずに進んでほしいと応援したくなる作品でした。

久保さんは僕を許さない4

ico_grade6_3h

「楽しかったんだ…

 ふいうちだなあ」

 

新学年スタートで行われる委員会決め。

白石君は手を挙げても気付かれないから、最初から「余ったやつで……」と諦めきってました。

そんな彼は去年環境委員会で花壇を担当していたとか。そこもしっかり押さえてる久保さんは、本当によく見てますが……「何もしてないのに雑草が生えてこない花壇」っていう七不思議になっていたとか、なんでよ。笑うしかない。

 

自分は気付かれにくいけど、自分が世話した花には多くの人が気付いてくれる。

それが結構気に入っていたみたいで……久保さんが環境委員に立候補して、白石君も引っ張っていくことに。

環境委員の顧問してる先生が、手を挙げていたのには気付かなかったけど、去年も担当してくれてた花壇は綺麗だったと言ってくれたのは良かった。

 

自己肯定感最低値な白石君、放っておくとドンドン沈んでいきますが……。

久保さんの前で「友達いない」と言ってしまって、ぷくーって顔膨らませてる久保さんがとてもかわいかった。

白石君の中でちょっと認識少し進んだけど、久保さんはずっと(友達かぁ……)ってなってしょげてるのがちょっとかわいそうだけど可愛い。

それがあったからか久保さんの距離が近くなってきたというかアピールが増えた……か? 変わらないかも。

でも映画デートして白石君も結構意識してたっぽいし、どんどん変わっていくよなぁと微笑ましかった。

 

エピソード44は、久保さんが白石君を認識してからの話。あまりにも見つからないのに、自分は見つけられて……スルーされまくってるのを遠くから見守っていた模様。

その後に描き下ろしの短編で、白石くんから久保さんにあいさつするきっかけになった1年生の頃の話が描かれているので、本当に仲が良いというか。困惑してる白石くんと、楽しそうな久保さんがとても良かったですねー。

ワールドトリガー25

 ico_grade6_3h

(知恵絞れよ三雲…… おめーの得意分野だろ?)

 

戦闘シミュ演習が開始されることとなりましたが……。

中々に作り込まれてて、香取からは「クソゲー」「無駄に複雑」「これ作ったやつは頭が悪い」と散々な言われようですけど。

 

上層部、通常の防衛任務やら組織運営やらに加えて、このシミュレーターの作成までやってて、読者から見えない場所では遠征準備に向けた外部との交渉もやってるだろうから、マジ仕事多くてヤバそう。

部門ごとに分業はしてるでしょうけど、219話で特別課題の採点してるシーンとか、幹部集まっての会議形式にしてる場面を結構見てるので、結構時間カツカツなのでは……? みたいな気分になりますね。

 

シャッフル部隊だからこその味わいがあって、どのシーンも楽しいですよね。

これはB級ランク戦をしっかりと描いて、それぞれの舞台について詳しくなったからこそ楽しいエピソードだから、読んでて良かったぁと思います。

修が居る諏訪7番隊の描写が多いですけど、戦闘シミュへの向き合い方とか、特別課題が振られた時の対応とか、各部隊で個性が出てるのが良い。

隠岐さんが日佐人から「諏訪さんが隊長なのはラッキー」と言われた通り、諏訪さんの株がドンドン上がっていくのが個人的にはグッド。頼りになる年長者、いいですよね。

上手くいってる隊ばかりではなく、バチバチやり合ったりギクシャクしたりする隊もありますけど、これからどうなっていくのが楽しみでならない。

 

今回の遠征選別で描写が増えてきたけど、まだまだ謎が多い漆間だったり、カバー裏の片桐隊の面々のこととか、まだまだ魅力的なキャラ増やしていけるのが凄い。

自前で揉め事の種作りたくないと言ってる桃園君が、舞台に入ってすぐA級にあがったためテンパり気味の0.8人前スナイパーと書かれていたり、カバー裏情報の方が詳しいですからね。今後の活躍に期待。

でも、1人前スナイパーであろう12位が「あの程度は防御の内に入らない」とかいう変態技量持ちだからな……A級でやっていけてる0.8人前スナイパーって、普通に凄腕でしょ……。

久保さんは僕を許さない3

ico_grade6_3h

「いろいろなことに気付けなくてごめん」

「…私のこといっぱい考えてくれたんだ?」

 

エピソード2132までを収録。

熱を出した白石くん。先生から声かけられるまで存在にクラスメイトは気付いてなかったけど、久保さんは気付いていて。

メッセージを送りたいけど「なんて送ったら迷惑じゃないかな」ってもじもじしてる久保さんが可愛いですね。

次のエピソードで、久保さんが熱を出して保健室に行く場面で遅刻した白石君が送っていくので、心配する構図が対になってていい感じ。

 

白石君の存在感の薄さを試す実験として、相合傘を提案して来る久保さん、かなり彼の事好きなんだよなぁ……。

「一緒の傘に入ってバレるかどうか」の実験風景はなかなかに微笑ましい。

誰にも見られないように遠回りしようとした白石君に「もしかして狙った?」って言う場面の久保さんが可愛い。

 

久保さんの従妹の沙貴との接点が2巻で出来てましたが、今回も出てきて。

彼女の心に刺さる言葉遣いを白石君がするものだから、また良い反応してくれて楽しいですね。

花見の買い出しに久保家の面々が出掛けたスーパーで、白石君を見つけて吸い寄せられるように近づいてきた構図も面白かったし、流れで一緒に花見してるのもいい感じでしたね。

進級してクラス替えもあったけど、同じクラスで隣の席に慣れた2人の微笑ましい様子をこれからも見守りたいですね。

 

久保さんは僕を許さない2

ico_grade6_3h

「できないことをさ できるようになろうと頑張ってるのを笑ったりはしないよ」

 

エピソード1120までを収録。

存在感が薄い白石君。けれど、久保さんはいつも彼を見つけてくれた。

年越しの瞬間、「あけましておめでとう」と友達に送りたいから起きていたい久保さんの提案で電話してみたら、慣れてない白石君がテレビ電話をかけてしまって。

びっくりしちゃったと言いつつ、パジャマ姿で出る久保さんが可愛い。彼女が一番最初にあけおめって言ったの、白石君何ですよねぇ。いいなぁ。

 

違う靴下はいてきちゃった日に、久保さんが珍しくタイツを履いて来てた日とか「足見てたんだやらしー」のコマとか、久保さん生き生きしてるんですよねぇ……。

バレンタインとかも、気付かれない白石君にとっては影響が全くない日だったはずが、久保さんから贈られて。

仲良い女子が彼女しかいない時点で気づいていいようなものですけど、これまでの積み重ねが彼から自信を奪っている……。

机の引き出しにこっそり入れられていた品を見て、「誰か! 僕の机にお菓子置き忘れてるよ!」って真っ先に思ってしまう時点でもう涙が止まらない。

 

ちなみに久保さんは料理音痴らしくて、そんな彼女が贈りたくて頑張って作ってるのいいですよね。

お姉さんがちょっかいを出したくなる気持ちとか、久保さんの女友達たちが微笑ましく見守ろうとするのが良くわかる。本当可愛いんですよ。

プロフィール

ちゃか

 ライトノベルやコミックを中心に、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。
 新刊・既刊を問わず読んだタイミングで記事を作成しております。
 コメント歓迎。ただし悪質と判断したものは削除する場合があります。

メールアドレス
kimama.tyaka@ジーメール なにかご依頼等、特別連絡したい事柄はこちらにお願いします。
メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ