気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。 BOOK☆WALKERコインアフィリエイトプログラムに参加しております。

HJ文庫

毒の王2 最強の力に覚醒した俺は美姫たちを従え、発情ハーレムの主となる

ico_grade6_3

「君の力を知れば、必ず多くの人間が動き出すだろう。キミを利用するため、邪魔者として消すため、君の子種を手に入れようとする者だっているかもしれないな」

 

美女三人を伴ってガーネット帝国を目指すことになったカイム。

小国家群だった地域が蛮族の襲撃を受けたことで、一丸に纏まることで出来た国だそうですが。実力主義な国風で、カイムには合っているかもしれないけど目を付けられる可能性もある、とファウストは評していました。

 

三人の恋人と存分にお楽しみしつつ、船旅で向かっている途中で滅多にない空を飛ぶ鳥人の空賊の襲撃に鉢合わせることになったりもして。

相変わらず引きが付いているというか。恋人の一人が、皇帝が病に倒れてから継承者争いが過熱している帝国の姫の一人だっていうんだから、まぁ騒動に会うべくして会っているわけですけども。

 

敵対派閥に与する領主に目を付けられたり、乗った馬車に暗殺者が乗り合わせていて憲兵とバチバチやり始めたり、情報を求めて冒険者ギルドに行ったらイキった奴らに絡まれたり、街道が土砂崩れで封鎖されていたり。

中々上手くいかない道中ですが……改めてカイムの力がかなりのものだと示されたのは良かったですかねぇ。

女騎士レンカが、カイムと関係を持ってから難儀な性癖を持つようになってしまったのは……うん、まぁ解消先がハッキリしてるからいいんじゃないですかね。

恋人3人が、カイムのフェロモンの影響もあってかかなりグイグイ来てますけど、半分くらいは各々の資質でしょう。肉食過ぎてカイムがくたびれている場面が多いのは笑ってしまった。

やがて黒幕へと至る最適解1

ico_grade6_4

「我らアイゼンフッドの絆は血よりも濃く、鉄よりも固い意志で繋がっている。……それは幾星霜の時を経ようと、遥か先の未来であろうと永遠に朽ちることはない」

(略)

「――それこそが、我らアイゼンフッドの『鉄血の誓い』である」

 

没落した公爵家当主アルテシアに忠誠を誓う青年カルツ。

彼は、他の六公爵家が結託してアルテシアを貶め殺したという事を知り、主の死から十年の時間をかけて調査を進めた上で、そうして得た情報を全て抱えて過去へと戻った。

それはアルテシアから託された「時」の魔術を用いたものであり……彼は主を助けるために、全てを賭すことを決めたわけです。

例え過去に戻る対価が自分の寿命であろうと、躊躇うことはなく。

 

スラムに暮らす孤児であった彼は、前世においてはアルテシアに拾われ彼女の下で教育を受けていたようですけれども。

過去に戻った彼は、敢えて主の下にはつかず独自に行動する事を決定。

本来だったら死ぬはずだった人物を助け、配下に迎え入れたり。歴史の流れに影響を与えそうな部分に干渉したり。

読者目線では色々と手を打っているのがわかるんですけど。転生したカルツは、自分以外を表で動かして基本的に暗躍しているから、目下敵対している派閥にほぼ察知されていないというのが強いですよね。

 

今回、明確にオルナメント公爵家の作戦を潰しに行ったわけですけど。

最後の最後までカルツという存在に気付けなかったわけですし。陥れた後の相手を上手く傀儡に仕込んで、さらに裏に潜むようなことまでしてるのが執念を感じる。

とは言え、そう毎回相手を上手く傀儡にできるわけでもないでしょうし、状況が進むにつれて他の公爵家も警戒を強めそうですから、これからのカルツがどういう手を打っていくのかが楽しみです。

ダンジョン配信者を救って大バズりした転生陰陽師、うっかり超級呪物を配信したら伝説になった

 ico_grade6_2h

「サクヤ」

答えは決まっている。

「案内して」

 

平安時代の陰陽師の記憶をもつ主人公、上野ソラ。

彼はダンジョンが現れた現代を生きる高校生として学業に励む傍ら、ダンジョン配信者としても活動していた。

しかし、作中現代において陰陽師とは詐欺師のような扱いを受けていて。オマケにソロで下層にまで潜れると公言するソラは、友人のサクヤ以外には信じてもらえず、鳴かず飛ばずの活動を続けていた。

 

彼、陰陽師としての能力は確かで、その力を持って弱者を救うために力を振るうことを厭わない善人なのでそのあたりは頼れるんですけど。

ソラの掲げている目標、「モテる」と「陰陽師の名を取り戻す」の2つがあって。まず「モテる」が先に来る辺り、彼の判断基準が伺われるというかなんというか。

モテたいと言いつつ、バズってからもコラボとか大規模事務所への所属とかではなく、それまでの積み立てがあるサクヤの誘いに乗るんだから、前世で女性が寄ってくるような同僚たちみたいにモテたいというわりに、彼の世界狭いんだよなぁ。

サクヤとの関係は大切にしているし、彼女の事を尊重もしているので、もうちょっと視点を変えて、ただ一人を大切にする方向に情緒を育てた方が良いと思うよ。

 

ソラ君、実力は確かなんですが。現代の機器にも疎いし。ギミックで謎解きをする試練に挑んだときも、装置を破壊して最終的に力技で解決したりしているし。

アホの子過ぎるんだよなぁ。底抜けに明るいし、先述の通り人を助けるために力をふるえる善性の人であるのはプラス要素ですけど。それにしたってもうちょっとなぁ……みたいな部分もある。

リピート・ヴァイス1 悪役貴族は死にたくないので四天王になるのをやめました

ico_grade6_3

「これは損得ではなく、利害の話だ。魔物を放っておけば害を受けるのはライトレス領。魔物討伐は貴様等の為ではない。ライトレス領――ひいては俺の為にやっている。勘違いするな下民が」

 

とある平民の少年が魔法学園へ入学。

貴族の場であった学園に平民が入ったことで嘲りを受けても、めげずに彼は成長していき……最終的には魔王を討伐し、ヒロインの一人である王女と結婚して平和が訪れる。そんな全5章からなる壮大な物語。

の、夢を見た主人公のローファス・レイ・ライトレス。

彼の役回りは、第1章における学園でゲーム主人公に嫌がらせをするちょい役にして、第2章で敵対する第二の魔王の四天王の1人であった。

 

最初にそんな夢を見たローファスは「所詮は夢は夢だ」と切り捨てたわけですが。

翌日もまた同じ夢を、何度も何度も何度も繰り返し見る羽目になって。自分が殺され続けている夢を繰り返し見た彼は、なかなかのトラウマを背負うことになったわけですが。

使用人が駆けつけるほどに悪夢にうなされて、目覚めた後には自分の死につながる要因……四天王として彼が仕えていた公爵家の名前を聞いただけで吐いてしまうような状態に陥ってましたが。

 

公爵家からもたらされたパーティーの招待状。それが三か月後であるから、それまでに夢で見た出来事を踏まえつつ、主人公パーティーに嫌われる要因となっていたイベントを事前に解消してやろうと動くことに。

その一端として、ライトレス領地内で重税を課されたことでローファスに恨みを持つゲーム主人公の味方キャラが居たので、その調査を始めることにして。

 

港町ローグベルト。ローファスが赴いた時点で、魔物の活発化によって漁が出来なくなり、税を納められなくなった。それを受けた代官が重税を課した上、領民を奴隷として売りさばき始めたそうですが。

……半年の間にそこまでの事が出来るの、それはそれで問題なのでは? ローファスが馬車を用意してから四日で行ける範囲すら目が行き届いてないじゃん……。

 

ゲーム時代には登場しなかった魔物と戦う羽目になったり、代官の暴走で貴族不審を抱いている一部住人と言い合いする羽目になったり。……自分の悲劇を回避しようとした結果、彼も予期していなかった変化を生じさせることになったりしてましたが。

ローファス、貴族らしい傲慢さを持っていますけどその態度に見合った強さを持っているのも確かなので、彼がこの後どういった成長を遂げるのかは気になるところですね。
容易に誰かの下につくような性格にも見えませんが、むしろなんで四天王なんかしてたんでしょうね、ゲーム時代。

忘れられ師の英雄譚1 聖勇女パーティーに優しき追放をされた男は、記憶に残らずとも彼女たちを救う

ico_grade6_2h

「でも、俺はみんなほど腕は立たないけど、それでも出来る限りのことをして、ロミナの力になりたいって思ってる(中略)だから弱気の虫も、辛い気持ちも、俺やみんなに口に城。そして、それでも魔王から世界を救いたいって気持ちが諦められないなら、みんなで一緒に踏ん張ろうぜ。お前は一人じゃない。俺達みんながついてるんだから」

 

聖勇女として魔王討伐に赴くパーティーの仲間として、旅をしていた青年カズト。

彼らの帰る場所になって欲しいと頼まれ、最終決戦の前にパーティーを離れることになったわけですが……。

彼は異世界からの転移者であり、パーティーを組んだ経験のある仲間の能力を駆使できるようになる『絆の力』と、パーティー加入時に他のメンバーを強化できる『絆の加護』と呼ばれる力を持っていた。

 

しかしその力の代償として、パーティーを離れた際にはその記憶が失われる、という呪いも抱えていた。

その呪いはかなり強力なもので、例えば「彼が聖勇女パーティーに加入していた」時期に出会った人々からすら、その記憶は失われてしまうとか。

だから「帰る場所になって欲しい」と言われて追放されることになり、それをカズトが受け入れた時点でその約束は果たされることはなかったわけです。

 

それが分かっていたから彼女達から離れるように動いていたけれど、かつての仲間が予期せぬ依頼を出しているのを発見して。

何が起きているのかを知るために、また関わっていくことになるんだから本当にお人よしというか。絆の加護の代償でもある呪いが「俺にとって結構きつい」と言いつつも、縁を捨てられないあたりは人間らしいですねぇ。

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?18

ico_grade6_5

「実体験のない僕が言っても説得力がないとは思うけれど、きっとそれに相応しい瞬間というものが来るよ。そのとき、気後れしなければいい。キミなら大丈夫だ」

 

目的としていた魔王フォルネウスは死んでしまった。

けれど彼の刻印を継いだ《雷甲》のフルフルと、彼女が大切にしている聖騎士長のミーカを確保することには成功したシャックス達。

そして2人を連れて彼らの王である、ザガンの下へと連れて行って。フルフルがザガンから提示された2つの選択肢に納得せず、別の道を望んだのは未熟でもなるほど魔王だなぁって思ってよかったです。

 

まぁ最長老と呼ばれたマルコシアスが暗躍している状況では、かつての魔王候補といえど安心できる状況ではなく、このままでは直ぐに殺されて刻印を奪われるとザガンは予想していましたが。

その欲深さを認めて、彼の下で学ぶことを許してくれたのは良かったですね。シャックス達を信頼しているけれど、それはそれ自分の目でも確認しようという姿勢も良し。

 

ザガンも今はいろいろとやるべき事を抱えている状況で、そのタスクをいくつかは部下に任せたりしていたわけですけど。

魔王や魔王候補と接点を持つ交渉は、フォルネウスの一件のように会うまでは上手くいったとして、マルコシアス陣営の妨害が入ることもあって。上手くいったりいかなかったり。

流石に相手もさるもの、というか。排除するべきと認めた相手にしっかり戦力差し向けてくるの、厄介過ぎるな……。

 

べへモスとレヴィアもまたそうやって人探しをしていたコンビであり……彼らが探していたのは魔王《黄金卿》フェネクス。生贄魔術の祖と言われる人物であり、口ぶりは妙に小物臭いけれど、アスモデウスから今の魔王武闘派トップスリーに挙げられるほどの人物でもあって。

長い年月をある目的の為に流離っているような、変わり者であったようですけど。それがザガンに接触した結果……フェネクスは自分の運命を変えうる可能性を見たわけですから、ザガンの研鑽の成果が出ていて良かったですねぇ。

 

一方マルコシアス陣営も着実に動いていて。

ザガンの城に直接乗り込んだり、他の魔王に書簡を送ったりして、今の魔王を集めたいと言い始めたの怪しいなんてもんじゃないですよねぇ。他にもいろいろと実験してるみたいでしたし。

アスモデウスもまたマルコシアスが動いている隙に、色々と準備を整えてるみたいですし。最後のザガンとネフィのシーンは良かったですけど、上下巻の上巻扱いみたいですからこの後どんな展開になるのか興味津々です。

……それはそれとして、今回ザガンが某人物を「最も恐れるべき存在になった」と評していたのに、その時その人物が抱えていた「やる事」がアレなのは……うん、丸くなったというかなんというか。笑ってしまった。

勇者パーティーを追放された精霊術士1 最強級に覚醒した不遇職、真の仲間と五大ダンジョンを制覇する

ico_grade6_2h

「力は代償を要し、責任を伴い、孤立を強いる。新しき力を手に入れたお主は険しい道を歩むことになる。半端な覚悟では進めぬ道だ。それでもお主は力を望むか?」

「はい。どのような道であれ、前に進むだけです。私は冒険者ですから」

 

支援職の精霊術士として幼馴染の勇者パーティーを支えてきた主人公のラーズ。

職業にランクが存在する世界で、仲間がランク3にあがっていくなかでラーズだけランク2で留まっていたこと。

精霊術士が従える精霊は不可視の存在であること。彼の属するパーティーの攻略が一月ほど停滞状態になっていたこと。いろいろな理由が重なって、ラーズはパーティーを追放されることになって……。

 

それを受けてラーズは精霊王から能力を覚醒してもらえることに。

本当なら今挑んでいたサードダンジョン攻略後にするはずだったらしいですけども。ラーズが苦境に立ったことと、他にも理由があり後押ししてもらって。

落ちぶれた先達をみても冒険者賭しての道を諦めるつもりがなかったラーズは、心機一転活動を開始することにして。

 

ラーズを追放した元勇者パーティーは、別のパーティーから人材を引き抜いたものの……彼らを支えていたラーズという存在が居なくなったことで、どんどん凋落していくことになって。

そこにメンバーが引き抜かれたことで、ラーズを評価していた女冒険者のシンシアが自由を得てラーズを追いかけられるようになったのは、妙な連鎖ではあったけどありがたかったか。

分かりやすい追放からの逆転と、元所属パーティーの没落という要素を盛り込んだ作品で、読みやすい作品ではありましたね。

無防備かわいいパジャマ姿の美少女と部屋で二人きり

ico_grade6_3

「ねぇ、学道くん」

そして俺の目の前、首を軽く傾げた上目遣いで、その魅惑の言葉を口にしたのだ。

 

――一緒に堕落しよ?

 

勉学に励んできた男子高校生の主人公、学道くん。

夏休みのある日、夏期講習を受けに登校した彼は担任の先生に単位不足で補習を受ける予定だがサボっている少女に課題を届けて欲しい、というお願いをされることに。

異性の家を訪問する事とかに躊躇いはありましたが、過去に失敗をスルーしてもらった借りもあったので引き受けることになって。

 

そこから主人公と真倉こいろという少女の交流が始まるわけですが。

最初は課題を渡すだけの簡単なやり取りでしたが。ある日、パジャマ姿で自堕落に過ごしている彼女の姿を目撃することになって。

そこからこいろが一人暮らしをしている部屋に招き入れられたり、真面目で勉強一筋だった彼に、様々な趣味娯楽を教え込む……「堕落」の共犯関係が結ばれることに。

まぁ、娯楽を教わるのはそれはそれとして課題を教えようとしたりはしてましたけどね、学道くん。真面目だ……。

 

色んなパジャマを持っているという設定のこいろちゃんが、挿絵で都度違う姿を見せてくれるの、良かったですねぇ。カワイイ。

かわいくて明るい彼女が、どうしてサボって引きこもっているのか。それにもまた理由があって。真面目一筋だった彼が知らなかった彼女の過去について知った上で、今の彼女と話し合ってくれたのは良かったですねぇ。

愛され天使なクラスメイトが俺にだけいたずらに微笑む2

ico_grade6_4

「私も颯真さんに感謝していますよ? 颯真さんのおかげで、私の世界が広がりました。一人では行けなかった場所に行ったり、一人ではできなかったことができるようになりました。本当にありがとうございます。そして、これからもお願いしますね」

 

お互いの目的のために協力関係を結んでいる、パティシエ志望の颯真と試食係の千佳。

両親がパティシエなことと味覚が鋭いことがあって千佳のアドバイスは的確で。製菓を学びたいけど両親との折り合いで一般の高校に通うことになっていた颯真は、図書館の本とかも使って勉強をしていましたが。

古いレシピだと「当時好まれた味になる」とか「(品種改良などで)今手に入る食材との味に差がある」ために、甘すぎるみたいな指摘をしてもらえるの、かなりありがたいですよね……。

 

一方で、颯真は「パティシエになる」という大目標だけがハッキリしている状態で、自分の個性が出せていない、というような指摘をプロからはもらったりもしてましたが。

交流のある千佳が、彼女なりにフォローしてくれていたのは彼等の築いてきた関係ならでは、という感じで良かったですね。

 

千佳が料理に挑戦したいということで、颯真は彼女の手料理をお弁当として食べていたりしましたし、一般には恋人関係の距離感ですることをまだ付き合ってない状態でしてるんですよね……。

颯真をからかうと良い反応をするから、とちょっかいかけてくる千佳ですが……親しくなってきたからか、2巻はより糖度が高くなってきた感があります。

からかうために颯真の頭を自分の胸元に抱え込んだりするし、試食しすぎてちょっと丸くなってしまったと気になる箇所を直接見せようとしてくるし、足を怪我していた時とは言えおんぶとかも普通にされるし、身体的な接触へのハードルが颯真相手だとかなり低いですよね。

 

これで千佳の心情的には「颯真は好きで、それは友人への好きとは違う。でも両親への好きだって友人の好きとは違うからなぁ……」みたいな状況で、まだ恋心を育んでいる状況で自覚していないって言うんだから末恐ろしい。

ハッキリ恋を自覚した時、もっとアクティブになってしまうのだろうか……。そうなった千佳が彼女の母の姿なのか……。

モブのカップル御用達のカフェ店員だったりからしてみれば、普通に恋人に見える状況みたいですけどね。そりゃそうだよ。イチャイチャしてるもん。今回も甘くて良かったです。

灰色の叛逆者は黒猫と踊る1 闘士と魔女

 ico_grade6_3

「だから、これは僕のお願いであり、わがままだ」

(略)

「一緒に、生きて欲しい。君の為に……そして、僕の為に」

 

人と獣とで戦いの歴史を繰り返してきたレムディプス共和国。

人は魔術を編み出して戦いに用いたが、獣も魔獣によって統率されているために容易い相手ではない。

そんな中で娯楽として作られたのが、人と魔獣の戦いを見世物にする闘技場だった。

主人公のレーヴェは闘技場の見習い闘士の中で序列1位に君臨する実力者であったが……同時に、「灰色」と呼ばれる魔獣の声が聞こえる特異体質ゆえに蔑視される対象でもあった。

 

見習い闘士の中にも低く見てくる輩はいたけど、序列2位のソフィーネだったり仲良くしてくれる相手もいた。

ある日、回復術士でもあるソフィーネを雇い入れるために貴族家が動いて。2位を誘うのに、1位に声を掛けないのは下の見習いたちに不信感を持たれるから、という気乗りしない理由でレーヴェも取り込もうとした。

闘士と認定するための試験には魔獣を用いるのが正式なのだが……レーヴェの為に連れてこられたのは、魔力で作った泥の体に魔獣の魂を乗せた使い魔を扱うために「灰色」と同様に迫害された「魔女」と呼ばれる少女だった。

 

その少女ミィカを見たことで、レーヴェはいろんな感情を刺激されて。彼女を救おうとちょっと暴走気味な行動をとることになって。

闘技場では本物の魔獣を使うため、戦いの中で命を落とすものもいたりして。そんな中で序列1位になっているレーヴェは結構実力はあるんですが。

それはあくまで見習いとしてであって、実戦経験のある純闘士を相手取って勝てるほどのものではなく。

ミィカを連れて逃走しようと図ったものの、失敗。ただ、闘技場の理事長が手回しして仮に見習い闘士としての身分を貰って、近くで暮らせるようになったのは良かった。

 

……とはいえ、それも善意からではなく。「魔女」や「灰色」を使った計画を企んでいる勢力だったり、歴史上迫害をされた勢力が蠢いていたりして。

魔獣との争いがある、というのを差っ引いてもドロドロしてる世界ではありますねぇ……。レーヴェとミィナ含め、メインキャラの交流は微笑ましいんですが。大人たちの謀略に振り回されていきそうなのが気掛かりですねぇ。負けずにいて欲しいものですが。

プロフィール

ちゃか

 ライトノベルやコミックを中心に、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。
 新刊・既刊を問わず読んだタイミングで記事を作成しております。
 コメント歓迎。ただし悪質と判断したものは削除する場合があります。

メールアドレス
kimama.tyaka@ジーメール なにかご依頼等、特別連絡したい事柄はこちらにお願いします。
メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ