気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。 BOOK☆WALKERコインアフィリエイトプログラムに参加しております。

★4

アルカディア サービス開始から三年、今更始める仮想世界攻略

ico_grade6_4

「昨日は楽しかったからさ、これからも一緒に遊べたら俺も嬉しい」

(略)

「よ、よろしくお願いしますっ……!」

 

WEB既読。

モーニングスターブックスはほとんど手を出していないレーベルだったのですが、電子ストアへの追加がちょい遅めでしたね。なんなら追加が遅くて紙版を購入しました。

蔵書、電子に移行しているので電子で買いたかったなー。買って帰ったらストアに追加されていたので、タイミングの問題があった。

 

閑話休題。

ゲーム発売から3年後に、世界で唯一のVRゲーム【Arcadia(アルカディア)】を起動できる筐体をついに入手した主人公の春日希(はるかのぞみ)。

それもそのはずで、「数世代は先取りしている」と言われるほどの技術が詰め込まれたその機械は、お値段なんと300万円。

学生の身では簡単に手を出せない値段であったが……唯一のVRゲームをプレイしたかった彼は、高校生活という青春時代をバイトに捧げまくってその資金を稼ぎ切った。

 

睡眠時間は4時間フラットで、バイトに明け暮れまくってる彼を心配した両親からは「学生らしくしろ」と注意を受けることになって。

勉強にも打ち込んで、当人の自称では学年トップという逆に頭が悪い成績を修めたりもしたそうです。そんな勉強とバイトに明け暮れた生活で、高校時代は友人もろくに作れなかったみたいですけど。

大学進学も決まって入学までの長期休暇で、念願のVR世界に踏み込むことを決めて。

 

新人ゲーマーのHNハルとしてゲーム世界に入り込んだ彼は、新規参入が難しいこの世界で同じタイミングでゲームを始めた新人の少女・ソラと出会って。

一緒にプレイを楽しんでいくわけですが。

……ハルはこのVR世界で高い適性を示して、掲示板で先人に質問すれば爆弾情報で大盛り上がり。それを聞きつけた職人が興味を持って接触してくることなんかもあって。

ゲームを本当に楽しく遊んでいるのが伝わってきてよいですね。3年の準備期間を経てついに参加できたゲーム世界でテンションバグりがちだけど、それだけ満喫しているのが良いですね。

WEBだとドンドン上り詰めていったり……また他にも魅力的なキャラが登場していくのが良いですよね。



聖女に嘘は通じない

 ico_grade6_4

「商人なら、一度かわした契約を反古にしてはいけませんよね」

にぃっと笑うクロエ。

「はい、その通りです」

 

辺境の教会に努める神官見習いの少女クロエ。

彼女はろくでなしな父に仕込まれたこともあって、賭け事にめっぽう強かった。

かつて『幸運の聖女』と呼ばれた人物が、交渉術とカードによる賭けで辺境の土地を他国から無血で奪い取ったという逸話があるため、神職だからといって賭けが禁止されるようなこともなく。

むしろ勝ち続けるクロエの事を『豪運の聖女』なんて呼ぶ人まで出てくることになって。

 

そんな噂を聞きつけた、ビルツ伯爵家の息子で聖騎士を務めるエラルドが現れて。

この国では神から与えられた祝福……ギフトと呼ばれる能力を持った人物が時折現れ、教会はそういう人を神子として祭り上げたりもしていたようです。

クロエが賭けに強いのは、カードの配置を覚えられる記憶力とか嘘を見抜く眼力とかの技術であって祝福ではないそうですけど。

その彼女の技術を認めて、エラルドは彼女を雇いたいと言いはじめて。

 

曰く2年前の神子選抜試験において、有力候補が死亡する事件が起きたとか。停止していた選抜が再開する運びになり、当時の人員も揃っているので事件について調査をしてほしいという事で、クロエを神子候補としてエラルドがねじ込んだとか。

名門貴族家の令嬢ながら、高慢な振る舞いを見せるヴィオレット。

絶世の美貌を持つがそれゆえにトラブルに見舞われがちなサロメ。

お洒落に関することには特に饒舌になる令嬢ゾエ。

死んだチーロと同じような、動物と心通わす祝福を持つモニカ。

 

個性的な令嬢の中に放り込まれたクロエ。エラルド達の考えもあって、いくつかの事情を伏せられていたりもしたのは、おいおいって思う場面もありましたが。

それでもしっかりと調査をして真相に迫っていったのは良かったです。

クロエの父、賭け事くらいでしか稼げず母にも逃げられるようなろくでなしだったそうですが。それでもクロエに春を売らせるようなことはせず、賭けだろうと金を稼いで、彼女を育てることはした。

ろくでなしではあったけど、クソ親父と蔑視するほどではなかった。愚かだとは思ったけど、それ以外に生き方を知らなかったことも理解している、というクロエとクロエの父の関係が結構好きでした。

選択肢を増やすために出来ることをしようとして。その為の手段として、結局クロエも父と同じ「賭け」という手段しか思いつかない、というあたりも似た者親子というか。持ってる手札は結局似てたというか。

聖女候補として入り込んで、なんだかんだ認められていたクロエの事が好きになれたので、楽しく読めました。

滅亡国家のやり直し 今日から始める軍師生活1

ico_grade6_4

「レイズ様も言った通り、貴方は良くやった。さ、胸を張ってみんなの元に戻りましょう、ロア」

 

ルデク王国の平民、ロア

彼は記憶力が異常に良く、同僚からは人間辞書として重宝されていた、ちょっと本を読むのが好きなだけの文官だった。

しかし戦乱によってルデク王国は滅び……彼は40年間放浪した末に、異国の地で死んだハズだった。

 

死んだハズのロアが次に気が付いたのは42年前。

ルデク王国が滅亡に転がり落ちる前、なんとか踏みとどまれる可能性のある地点であった。未来の記憶も有している彼は、まだ過去に戻ったことに現実味がなく……友人たちとの会話の中で未来で知った情報をポロっと零すことになって。

「盗賊騒ぎに騎士団が派遣されることになったが、あれは領主が他国とつるんでいるから簡単には解決しない」と言う彼の言葉を、第10騎士団の副騎士団長であるレイズが聞きつけて。

 

ちなみに第10騎士団の騎士団長は国王が就任しているそうで、レイズは全権を任されて現場で動いているそうで。現場のトップが、ロアの荒唐無稽ともとられかねない発言を聞いて、その根拠を聞き、しっかりと対応に反映させてくれる柔軟さを持っていたのは救いでしたね。

そのことからロアはレイズに見出され、第10騎士団に登用されることに。

ロアは未来で知った様々な知識を用いて、悲劇を回避しようと試みていくわけです。

ただ、ロアはあくまで一介の文官であり、祖国滅亡後は放浪していた身であって。出来ることには限りがあるんですよねぇ。

 

例えば瓶詰という新しい保存食が作られたのは知っていても、職人ではないから適した瓶をつくれたりするわけではない。……まぁアイデアは知ってるから、出来る範囲で形にしていったりしてるんですが。

例えば、異国の王子が死を賜る結果になった事件は知っていても、なんでその時その人物がそこに居たのかは知らないし。

 

それでも、歴史を知っているからこそ出来ることは間違いなくあって。

本来ならもっと多くの犠牲が出来ていた事件を、早期解決したり。負傷した引退を余儀なくされた人物を助けることに成功したり。

もっとも、国が滅びに向かう前……戦乱の時代の中ではあるので、まったくの犠牲が出ないなんてことはなく。

ロアはそういった犠牲とかとも向き合いながら、それでも祖国滅亡回避のために前へ進んで行くんですよね。WEBは完結済みで、既読なんですが好きな作品です。刊行続いて欲しいなぁ。

サイレント・ウィッチanother 結界の魔術師の成り上がり・下

ico_grade6_4

「ライオネル、私は優先順位を間違えたりはしないのですよ」

(略)

「人の婚約者に手を出したならず者を、粛清するのが最優先です」

 

卒業して魔法兵団の第三部隊隊長になったルイス。

とある水害の際に奮闘し、「結界の魔術師」の肩書と魔法兵団団長への就任を果たして。

彼のほれ込んだ相手、ロザリーの父は現役七賢人「治水の魔術師」であり……娘を奪おうとしたルイスと対峙した際に、「知性と品性があり、王都に家を持ち、七賢人になれるくらいの男でないと認めん!」と言われたため、その条件を満たすためにルイスは奮闘。

 

ロザリーを待たせたくないと実績を挙げ続けており、学生時代から第一王子ライオネルと親しくしている彼は、第一王子派と目されていて。

そのために第二王子を擁立しているクロックフォード公爵は、彼が七賢人選抜に入りそうな時に潰したことすらあったとか。

その時は、ルイスと同じくラザフォードの下で学んだ「星槍の魔女」カーラが辞める際の枠を埋めるためのものだったそうですが。

 

そんな折、ルイスとロザリーの仲を阻んでいた張本人である治水の魔術師が引退を考えるという話が出て。ルイスの推薦と同時に、ロザリーとの婚約を認めるということにまでなって。

ルイスの努力が実を結びそうだったのは、まぁ良かったですね。ただ、治水の魔術師殿が寄った勢いで執事にロザリーとルイスの文通を妨害していたのもあったり、ルイスが惚気を控えていたこともあって、その婚約が「ルイスが七賢人になるためのもの」という誤解が広まって、ちょっとしたトラブルになったりもしてましたが。

……それもあって、今のルイスはモニカの前とかで頻繁に惚気てるのかなぁ、と思うなどしました。本編1巻で「帰宅した夫にキスぐらいあっても良いのでは」とか割と言葉にしてましたからね。

 

その騒動の中で、グレンを弟子に迎え入れたり、学生時代から何かとぶつかっていたアドルフが対立候補に挙がってきたりもして。

七賢人選抜にモニカも登場していましたが……ルイス達を前に、「私が開始を遅らせないと勝っちゃう」と言えて、実際に勝利を収めてるのトンデモない才能ですよね……。遠隔術式発動するときの挿絵はかなり迫力ありました。

ルイスとロザリーはすれ違いがありつつも、最後には幸せそうで良かったですねぇ。まぁ本編で結婚してるので確定事項ではありましたが。エピローグ、ルイスの故郷に訪問するのが、なんかすごい好きです。

物語の黒幕に転生して4~進化する魔剣とゲーム知識ですべてをねじ伏せる~

ico_grade6_4

「俺を信じて、そこで待っていてくださいますか?」

(略)

「ずっとずっと前から、何もかも信じてるわよ」

 

作中でヒロイン2人が普段と違う衣装を着ているシーンを、しっかり口絵でカラーイラストにしてくれたのは実に良い仕事をされましたね! とても可愛くて良いと思います。

これは鈍感なレン君でも言葉に詰まってしまうのも無理はない。

 

帝国士官学院は、一昨年にはバルドル山脈での事件が起きたり、それ以降は英爵家の子どもたちが入学したりと注目を集めている時期であった。

レンしか知らないけれど、勇者ルインの血を引くゲーム主人公のヴェインもいますしね。

さらに二年に一度の獅子王大祭と呼ばれる祭りも控えていて……。士官学院の生徒も参加する、弁論や剣に魔法といった様々な分野でしのぎを削る大会であって、レオメルが国を挙げて行うイベントだとか。

しかし前回の大祭はバルドル山脈での事件の影響を受けて、そういったイベント部分を排除して学生のみの無観客試合をした関係で、4年ぶりとすら言える大祭は準備段階から盛り上がっていて……。

 

士官学院に入るような生徒たちは、だからこそ実技の大会への参加を希望して……準備を手伝う実行委員への立候補者が0名という事態になってしまったとか。

家の事情やユリシスからの頼まれ事が入りそうだ、ということで競技への不参加を決めていたレンとリシアは、学院長のクロノアに頼まれて実行委員になることを決めて。

レンが声掛けをしたことで、フィオナや第三皇子ラディウスに加えて、ラディウスの伝手で彼の側近みたいな少女ミレイも参加することになって。例年よりも半分くらいの人数ながら優秀なメンバーが揃ったのは良かった。

皇子であるラディウスを呼び捨てにして、気安くふるまっているレンを見て、「皇子相手にそこまで出来るなら、自分たちも呼び捨てにしてくれても良いのに」と思うリシアとフィオナが可愛かったですね。

 

剣技の授業でレンが他の生徒たちに実力を披露することになったり。

任務で長らく国元を離れていた、獅子聖庁の長官エステルが帰還してレン達との接点が増えてきたり。……以前、謎に手助けしてくれた剣王が、推定アシュトン家の調査をしていたり。楽しいイベント盛りだくさんでしたが。

今回は、ローゼス・カイタスにある時の檻と呼ばれる人知を超えた封印を見に行った際に、レン達がなぜか封印の内部に迷い込んでしまい、封じられていた存在と戦う羽目になったりしていたのがやはり山場と言えるでしょう。

レンが自分の秘密を打ち明けたり、一歩踏み込んだ部分が現れたり。さらに気になる要素が増えて行ったりと、実に良い展開だったと思います。

書籍書下ろし要素であるククルが時折登場して、使用人とかにも受け入れられたりしてる感じなの、微笑ましくて良かったですねー。目下、可愛い要素ではありますが、フレーバーテキスト考慮すると後々すごく強くなりそうなんですよねぇ。可愛いままでいてほしさもありますが、どう成長していくんですかねぇ。



アナゲ超特急サザンクロス

ico_grade6_4

「皆が気持ちよく遊べること。それがマナーの目的だからね!」

「だからその点て言うと……そもそもマナー違反をその場で当人に直接マナー違反だと告げることが最大のマナー違反なのだって落ちですわよ」

「それ何かの漫画でみた」

 

描きおろし2話を含み、26話まで収録。

1巻の発売が……2021年!? 3年前!? そんな嘘だよ、去年ないしは一昨年くらいのハズだよ……。

というのはさておき。今回も楽しくボドゲしてる風景が描かれていて、実際やってみたいと思うようなものもありました。

 

参加者がお題に沿った回答を用意して、誰かと回答が一致すればポイントゲットできるが、誰とも一致しなければ罰金を払う「ゲスクラブ」。

マナー講師ネタを漫画内でこすりつつ紹介された「エレガンツ」。ただカードを引くだけのゲームながら、マナー違反に気づいたら指摘していくお笑いゲーム。実際プレイ風景楽しそうで良し。

「即身仏になろう」をなろう系と言うのは作中でもツッコミ入ってたけど欺瞞では……!? 笑ったけど。

 

笑ったでいえば初心に帰った神経衰弱ネタ「QR衰弱」とか「ほしあわせ」。帯にも書かれている『将太の寿司「あ……」神経衰弱』作者が非公式インスタを見てから製作始まったプロジェクトって言う紹介見て笑っちゃったんですが。

「そういうお前はどうなんだ?」は動画を結構見てるのでやってみたいゲームの筆頭かなー。まぁ、最近ボドゲ会の予定もないのでまだ未購入だから、そもそも入手するところからなんですが……。


【悲報】お嬢様系底辺ダンジョン配信者、配信切り忘れに気づかず同業者をボコってしまう2

ico_grade6_4

「あなたがなんであろうとも、目の前の方を見捨てるわけがございませんわ! そしてそれは――この場にいる全員同じですの」

 

カリン、お嬢様RPをしながらもドレス姿かつ紅茶片手に「お優雅攻略」をしたり、深層でイレギュラー発生したボスを撃破できたりするくらいの実力者なわけですが。

その実、「神匠」と呼ばれるユニークスキルまで持っていることが発覚。生産適正が高い人物に発現することが多く……しかし、「下層の素材を容易く扱える代わりに、上層・中層の素材を加工できず、制作者本人しか使えない」という制限があるために、外れユニーク扱いされているものだそうですが。

 

カリンのドレス姿、目立つのにどうしてこれまで注目されていなかったのか、の答えが「偽装効果のある魔法装備を身にまとっているから」はトンデモすぎる。

変装が可能だということは、じつは探索の際にすれ違っていたかもしれない! と視聴者が驚くことに。「サファリパークは好きだけど車から降りたくはないというか……」みたいなコメントが笑えて好き。

 

ダンジョンが発生してから時は流れ……先人が色々悩んだ結果、法律の整備とかも進んでいるようですけども。カリンお嬢様はパワーでぶち抜いていくわけです。

頼もしい親友の入れ知恵があったうえですけども、「未成年はダンジョン素材を持ち出せない」。しかし「ダンジョン内部で加工品にしてしまえば完全合法ですわー!」と諸々作成してため込んでいるの笑っちゃった。

ダンジョン関係の法律を扱ってる弁護士先生も視聴していて、途中で壊れちゃってましたけど……仕方ないね、あんな爆弾見ちゃったらね。

でも実際、加工技術も戦闘技術もずば抜けた未成年が下層に飛び込んで装備を作ります! を想定して法律をつくれという方が無茶ですが……。

 

カリンが『ライブアライブ』推ししまくった結果、配信サイトでの配信が増えたり電子書籍の販売数も増えたりして、原作者に認知された上イラストまで描いてもらっているの、憧れてRPしてきたカリンにとっては凄い報酬でしょうねぇ。

その結果、イラストに描いてもらったアクセサリーを思わず自作したりもしてましたし。



リビルドワールドⅧ・下  偽アキラ

ico_grade6_4

「全くです。本当に、アキラはいつもこんな感じです。だから、今回も大丈夫ですよ」

 

アキラの偽物が現れ、都市幹部ウダジマを殺し怪物を従えた状態で建国主義者を名乗り、都市幹部への復讐を宣言した。

……そんなトラブルが発生したことで、賞金首となってしまったアキラですが。彼に恩が売りたいという部分や、敵対したくないからという思惑があれど協力してくれる人や心配してくれる人がそれなりに居たのは良かったですね。

 

都市幹部のイナベとも繋がって情報を得られたのはありがたかったですね。

アキラを良く知るものは彼ならば死地を乗り越えて来ても驚かない。けれど、アキラを良く知らない人物は、第3奥部から脱出できた奇跡的な出来事には裏があったのではないかと勘繰る。

さらに都市幹部イナベをして、アキラに賞金が掛けられた経緯には謎が多いそうで。実際その賞金を懸けたのは、アキラと同行している優秀な旧領域接続者であるシロウを取り込むための一手として、アキラが一時的にでも姿を隠してもらった方が都合が良かったからだそうで。本当に何考えてるんですかねぇ……。

 

アキラへヒカルが支援をするためのスケープゴートとして、トガミが協力してくれることになったりして。ドラゴンリバーとの縁もあって、隠れ潜む生活にしては余裕があったのは良かったですけど。

偽物のアキラは行動を止めず……シェリルたちの前に現れて彼女を攫ったり。ミハゾノ遺跡に謎の人物を伴って現れたりもして。

アキラとの付き合いが長い分、偽物だという事に気付いていたことと、シェリルが攫われる場面に鉢合わせたために攫われたシジマ、不運にもほどがあるな……。

 

偽アキラが伴っていた少女が、シロウが坂下を離れてまで探し求めていた相手だったらしく、一度は再会できたものの事情を抱えている彼女はシロウの手を取らず。

シロウの護衛をしていたハーマーズが独自行動で敵対しに来たり、彼の護衛であるオリンピアによって旧世界のリオンズテイルとの縁が出来たのを、レイナ達以外の現リオンズテイル社の面々に目撃されたりもして。後の火種は尽きないなぁというところもありましたが。

 

周囲の協力やアキラの成長もあって、対偽アキラ戦の初戦は割とあっさり決着して良かったですね。

……まぁこれだけ派手に動いている相手の手札が、それっきりなハズもなかったわけですけども。シロウのサポートで助かる部分もあるけれど、坂下とのトラブルも同時に付いてくるような状況で天秤が釣り合ってるのかどうか。

まぁそれでも貸し借りという判断基準において、彼との距離感を保っているアキラは相変わらず彼らしいというか。脅されても情報は売らないけど、貸し借りの帳尻を鑑みて無理に助けようともしない、と判断する辺りとかは本当にアキラっぽくて笑った。

偽アキラ騒動については、いったん決着ついていましたが。先にふれたとおり、火種はまだまだあって……より大きな勢いがつきそうな状況なのが、どうなりますかね。

 

巻末の次巻予告、書籍版オリジナルエピソードは嬉しいですけど、だからこそ時間がかかるようで2025年予定かー。春夏秋冬いつかも明示できない状況っぽいので、まー気長に待ちましょう。

やがて黒幕へと至る最適解1

ico_grade6_4

「我らアイゼンフッドの絆は血よりも濃く、鉄よりも固い意志で繋がっている。……それは幾星霜の時を経ようと、遥か先の未来であろうと永遠に朽ちることはない」

(略)

「――それこそが、我らアイゼンフッドの『鉄血の誓い』である」

 

没落した公爵家当主アルテシアに忠誠を誓う青年カルツ。

彼は、他の六公爵家が結託してアルテシアを貶め殺したという事を知り、主の死から十年の時間をかけて調査を進めた上で、そうして得た情報を全て抱えて過去へと戻った。

それはアルテシアから託された「時」の魔術を用いたものであり……彼は主を助けるために、全てを賭すことを決めたわけです。

例え過去に戻る対価が自分の寿命であろうと、躊躇うことはなく。

 

スラムに暮らす孤児であった彼は、前世においてはアルテシアに拾われ彼女の下で教育を受けていたようですけれども。

過去に戻った彼は、敢えて主の下にはつかず独自に行動する事を決定。

本来だったら死ぬはずだった人物を助け、配下に迎え入れたり。歴史の流れに影響を与えそうな部分に干渉したり。

読者目線では色々と手を打っているのがわかるんですけど。転生したカルツは、自分以外を表で動かして基本的に暗躍しているから、目下敵対している派閥にほぼ察知されていないというのが強いですよね。

 

今回、明確にオルナメント公爵家の作戦を潰しに行ったわけですけど。

最後の最後までカルツという存在に気付けなかったわけですし。陥れた後の相手を上手く傀儡に仕込んで、さらに裏に潜むようなことまでしてるのが執念を感じる。

とは言え、そう毎回相手を上手く傀儡にできるわけでもないでしょうし、状況が進むにつれて他の公爵家も警戒を強めそうですから、これからのカルツがどういう手を打っていくのかが楽しみです。

黄泉のツガイ7

ico_grade6_4

「まだ俺に付き合ってくれるのか?」

「あたりまえじゃい!」

「主ユルよ わしらは常にお主と共に在るぞ」

 

冒頭が東村から逃げた時のアサと両親の視点でしたけど。

下界の事を知っている母が、かなり現実的に「保護を求めたら『行方不明者の発見』として広く報道されて、東村に場所を知らせてしまうことになる」と現代の情報拡散能力を知っているからこその悩みで良かった。良くない。

アサとユルのこと大事にしているのが伝わってきてるのに、今行方不明なんだもんなぁ……。

 

さらわれた偽アサと東村の子どもアザミちゃんのところに最初に踏み込んだのは、思う所ありまくりのアサ本人で。

陰陽ちゃんの力で確保して、言いたい事は本当に山ほどあっただろうに、仕事を優先して戻ったの偉い。その時に言ったのも「ここを出たら兄様に今までのこと全部説明しなよ」なのが、彼女が兄大事にしてるの伝わってきますね。

大事にしすぎて影森の人から「兄大事ウーマンでポンコツ化する」認識になってるの笑っちゃった。

 

双子の父母についての情報を持っているイワン、情報を求めてる左右様は殺しがご法度っていう制限があるとは言え(割とやる気だった気はしますが)、左右様と戦いつつ捕まらず。

応援として駆けつけたユルの弓や、デラさんの狙撃を相手にしても致命傷は追わずに逃げ延びたの厄介すぎるな……。

両親を殺したと挑発されようと、心を落ち着けられたユルの狩人メンタルはお見事。大分ギリギリでしたけども。アサと再会できていたのが良い影響を与えててホッとした。

……途中「狂暴なところが似ている兄妹」みたいな評価されてましたけど、最後のシーンの2人で敵認定したイワンと次対峙した時の打ち合わせしてるシーン、迫力ありましたねぇ……。

プロフィール

ちゃか

 ライトノベルやコミックを中心に、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。
 新刊・既刊を問わず読んだタイミングで記事を作成しております。
 コメント歓迎。ただし悪質と判断したものは削除する場合があります。

メールアドレス
kimama.tyaka@ジーメール なにかご依頼等、特別連絡したい事柄はこちらにお願いします。
メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ