気ままに読書漬け

とりあえず気が向いた時に読んだ本の感想などを上げてます。ラノベメインに、コミック、TRPGなど各種。推しを推すのは趣味です。 新刊・既刊問わず記事を書いてるので、結構混沌しているような。積読に埋もれている間に新刊じゃなくなっているんですよね。不思議。ま、そんなノリでやっているブログですが、よろしく。 BOOK☆WALKERコインアフィリエイトプログラムに参加しております。

書籍化作品

『聖女様のオマケ』と呼ばれたけど、わたしはオマケではないようです。

ico_grade6_3

恋愛感情での“好き”はまだ芽吹いてないけれど、もう少しでそれが芽吹く予感はある。

「この世界に来てからわたしに『大丈夫か』って訊いてくれたのは、ディザーク殿下だけだったから」

 

主人公の少女、篠山沙耶は普通の女子高生……だった。

しかし、クラスメイトの少女・香月優菜と一緒に日直の仕事をしていたところ、異世界に召喚されてしまって。

優菜の方は、異世界の人々が召喚術を使ってでも異世界から招き入れたかった人材「聖女」として祭り上げられたものの……魔力を感じられなかった沙耶は、あまりにも適当な扱いを受けることになって。

侍女は新人が一人、監視役の護衛に就いた騎士もやる気はなく、食事もロクなものを与えられない。

 

そんな折、他国の要人がやって来るという噂を沙耶は聞いて。

王国ではこれからもロクな扱いは受けないだろうから、どうにか接触して連れ出してもらおうと画策。

彼女の想定とは違う形にはなったものの、接触には成功。

帝国の皇弟ディザークは、元より巻き込まれた少女の事も聞きつけており、さらに彼の国で「黒髪であること」は重要視される要素だったので、状況によっては保護することも考えていたこともあって、亡命は成功するわけです。

 

まぁただ連れ出すのは王国側との交渉が難航する可能性もあったため、ディザークの婚約者として迎え入れることになって。

さらに、実は沙耶にも魔力はあった……どころか、優菜以上の才能が秘められていたことが帝国に移ってから判明。彼女もまた聖女としての素質があるとされて、教育を受けることになって。

帝国ではディザークの婚約者候補たちからの嫌がらせがあったり。逃した聖女を惜しんだ王子がちょっかいを出してきたり。トラブルもまぁまぁありましたが。

沙耶を大事にしてくれるディザークと良い関係を気付いていけたのは良かったですね。



ダンジョン付き古民家シェアハウス

ico_grade6_2h

(私たちの家だ。誰にも渡したくない)

 

新型ウィルスによるパンデミック……が落ち着いた現代。

ワクチンなどで順応していったとは言えど、変化がなかったわけではなく。

内定をもらっていた企業が倒産してしまったり、バイト先・就職先が閉店することが決まってしまったり、先行きが不安になった男女4名。

同じバーを行きつけにしていたことで意気投合して付き合いが続いていたものの、そのバーも閉店することになって。

 

4人のうちの一人、美沙が以前相続した祖父母の家が田舎にあることを思い出して。

仕事を失うと家賃の支払いなども心許なくなるから、という事で彼女はそこへの引っ越しを決意。そして仲良し4人組でのシェアハウスを提案して。

各々の事情もあって、それが受け入れられることになって。

土地がそれなりにあるから家庭菜園もやったり、所有する山でキノコや山菜取ったりして生活の足しにしようとしていたわけですが。

 

そんな古民家の中に、謎の扉を発見。調べてみたところ、それはスライムなどの魔物が出てくるダンジョンに繋がっていた、と。

ダンジョンに入ったことでスキルやら魔法やらを習得したり、そこで獲得できるお肉を美味しく食べたりして、まぁまぁ楽しく「ダンジョン付きのシェアハウス」を楽しんでいる物語でしたね。

ダンジョンは資材の宝庫であり、それを公にすると取り上げられるかもしれないから、報告を選ばず自分たちで探索するにとどめていたわけですけど。

その割に収納スキルを使った引っ越しをしたり、幸運効果のあるアクセサリーが現実でも使えるのか検証をやったり、ポーション使って作った野菜をフリマアプリで出品したり、割と脇が甘いので、近いうちにツッコまれそうだよなーみたいなところは気になった。



悪役令嬢たちは揺るがない

ico_grade6_3h

「わたくしとエーリク殿下は、いずれこの国を支え、守り、向上させていく使命と責務のもと、固い絆で結ばれているのです。愛などという薄っぺらい感情と比べてもらっては不愉快です」

(略)

「それに愛と言うのならば、わたくしはこの国を愛しております。王妃とは、国の母です。それ以上に、何が必要なのですか」

 

王太子エーリクの婚約者、冷静沈着な侯爵令嬢セラフィーナ。

そんな彼女の傍にいるのが、子爵家令嬢のサンドラと、現宰相の娘でもある公爵令嬢ベルナルデッタであったと。

 

彼女達通う学園に、光魔法の才能を見出された少女アイニが高等部から入学してくることになって。

アイニは僻地に領地を持つ男爵とメイドの母の下に生まれた子供であり……使用人の輪にも、男爵家の団らんにも入ることが出来ずいじめられていた。母は「ごめん」と謝るばかりで、アイニの味方はしてくれなかった。

そんな中で光魔法の才能を見出され、聖女候補となったアイニは上位貴族と同等の、下にも置かない扱いを受けることになって。

彼女は生まれや育ち、あとは生来の性格も相まって彼女は『平等』であることにこだわりがあって。学園では「身分に関係なく学びあえる」というのを拡大解釈して好き勝手動くことに。

 

そんな溌剌さにやられる貴族男子が多かったこと。

いわゆる「悪役令嬢もの」的な読み物が作中でも描かれていたことで、学生たちの間にアイニがヒロインであり、セラフィーナ達3人を「悪役令嬢」と評するような動きが出てしまったこと。いろいろとかみ合った結果、「悪役令嬢」3人の婚約者や家族といった周囲が騒がしくなっていくわけですが。

 

タイトルにある通りセラフィーナは覚悟が決まっていて、揺るがなかったのは良かったですね。サンドラとベルナルデッタは、まだハッキリと立ち位置が定まっていなくて迷う場面もチラホラありましたが。

スペックは高いし、自分の在り方を決めてからは真っ直ぐそれに突き進んでいける強さを持った少女達であったのは良かったですね。

セラフィーナの婚約者であるエーリクもまた、彼女の覚悟に向き合える軸の定まった王子だったのは良かった。

 

サンドラの婚約者はアイニに懸想して、サンドラを蔑ろにした結果の報いを受けることになっていましたし。

ベルナルデッタは、家族との折り合いが悪く自分の才覚を隠し続けていたのを、覚悟を決めてから詳らかにして。それを認めてくれる相手と出会えたりもして、強い女性陣には良い縁があって安心しました。


ライブラリアン 本が読めるだけのスキルは無能ですか!?

 ico_grade6_3

「本とはすなわち英知の結晶。役立て方は無数にもございましょう。貴方が貴方のできることをするように、私は私のライブラリアンの私にできることをするのみですわ」

 

スキル至上主義の国に生まれた令嬢テルミス。

彼女は、自分にだけ読める本を出す「ライブラリアン」というスキルを発現して。家族はそれでも彼女を愛してくれていましたが……。

貴族社会において、ライブラリアンは不遇扱いを受けていて就学も出来ないだろうし、仕事するにも結婚するにも、良い縁には恵まれないだろうと言われてしまうようなものだった。

 

しかしテルミスは、前世の記憶を取り戻したことや、自分の成長に合わせて読める本の増えていくライブラリアンというスキルとしっかり向き合っていって。

女性だから正式な料理人としては働けないけど、夢を諦められずにいたサリーを専属に迎えてプリンを作成してみたり、色々と新しいことに打ち込んでいったわけです。

貴族として良い縁組に期待できない、いつか貴族籍を外れて平民になるかもしれない、ということで自分である程度の事が出来るように奮闘もして。

その一方で孤児院への訪問なんかもして、出来ることはしっかりしてるんですよね。子供たちにも慕われていましたし。

 

しかし、そうやってテルミスが奮闘して少しずつ立場を確かなものにしてくのかと思いきや。

誘拐犯に拉致されかけたり、辛くも生還はできたものの危機が完全に去ったわけではないので、隣国へ逃げ延びることになってしまったり。

後半はかなり激動でしたねぇ。テルミス一人での逃避行ではなく、頼れる先達がいるのは良かったですけど。道中で、また別のトラブルと遭遇してたのには笑ってしまった。引きが強い。



処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める2

ico_grade6_3

「これが最善ではないことは知っている。しかし、必ずやり遂げる。犠牲者の命を背負って私は進んでいるのだから」

 

世界平和のために、主に人類を蹂躙していたドワイト。

そのことで、亜人種であるエルフが接触してきて……人類に敵対するのであれば、亜人の我々を助けてもらえないか、ということでしたが。

あくまで目先の敵を蹴散らしているだけで、進んで亜人を保護はしないというスタンスを示しつつも、彼らが恭順するのであれは庇護すると宣言。

 

そして実際に敵対していた国を滅ぼしに行くんだから、迅速果断というか。

エルフの族長になった、ドワイトの生前を知る友人が、リッチに変貌してしまった彼を見てもドワイトであると気づいてくれたのは良かったですねぇ。

 

世界が魔王という悪を許さず、奇跡を介して帝国の装備開発を助けたり。

聖杖国に新たな聖女を誕生させたりと、善を良しとする上位存在の気配をうっすらと感じますが、ただ力だけが与えられている感じっぽいですかねぇ。

だからどちらかというと神様が力を託している、というよりは悪側に天秤が傾いたから適当に反対の更に重石を置いてバランスをとっているシステマチックな面が強く感じられますが……実際のところどうなんでしょうね。

魔王に対抗して勇者が誕生していますけど、ドワイトの魔王も実際自称ですからねぇ。直接介入してくる上位存在はいなそうですけども。
蹂躙は続き敵は弱まり、一方でドワイト側の戦力は拡充されて行ってる状況で、次なる介入はもっと規模が大きくなる可能性もあるよなぁと思いましたが、どうなるやら。



処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める

ico_grade6_3

「ですが私は、自らの選んだ道を進み続けます。世界平和を実現するためならば、どこまでも堕ちていきましょう」

 

賢者ドワイト・ハーヴェルト。

彼は女勇者クレア・バトンとともに、人類の敵である「魔王」を打ち倒した英雄となった。……しかし、巨悪である魔王がいる間は人類は強力できたものの……魔王が消えたことで、人類同士の争いが勃発することに。

そんななかで英雄と称えられる勇者と賢者に生きていられては困る国王が、彼らに汚名を着せて処刑したわけです。

 

死者の谷に打ち捨てられたドワイトは、そこの瘴気を吸収しリッチとして復活することになって。

女勇者クレアは、あらぬ疑いで処刑されるときも自らの犠牲で世界が平穏になるのであれば、と自らの死を受け入れて。その高潔さをドワイトは認めていたようですが……だからこそ、それが踏みにじられたのが許せなかった。

勇者の理想は正しくも、やり方が間違っていた。だから、元従者としてその遺志を継いで世界に平和を齎そうとドワイトは動き始めることに。

 

それがかつての魔王が君臨していた時には人類間の争いは落ち着いていた、という観点から、ドワイトは自分が新たな魔王として存在を示して世界を平定しようとしたわけです。

自らの力で配下を生み出したり、かつての魔王に使えていた四天王が向こうから接触してきたりして、少しずつ勢力を拡大して敵は徹底的に潰していって。

世界が「魔王」に対抗するための存在として生み出した「新たな勇者」すらも蹂躙したドワイトは、どんな未来を掴むのか気になるところ。

異世界のすみっこで快適ものづくり生活~女神さまのくれた工房はちょっとやりすぎ性能だった~

 ico_grade6_3

「どうでしょう。レガリア。覇者として、現人神として――君臨し、暴食されますか?」

浮かんだ返答は、ごくシンプル。

「そんなことしたら、ミスティアが、一緒に驚いたり喜んだりしてくれなくなるだろ」

 

命を落とした一介の社畜ソウジロウ。

生前に女神の像を綺麗にした、という事を評価されて異世界に転生できることに。

成人した肉体はそのまま異世界の森に放り出されたわけですが、女神様からクラフトギアという様々な工作に使える神器を与えられたのもあって、異世界的には未踏の危険な領域とされる森でも、一人で暮らしていける状況ではありました。

 

ただその森の資源の平和利用を訴えるハイエルフの女性、ミスティアと出会ったり。

神器か、はたまたソウジロウの創り出す環境が魅力的だからか、伝承に語られるような精霊獣が多くよってくることになって。

魔法で布を織れるシルキーモス、土壌に影響を与えるリドルズ。はたまた気ままな妖精サイネリア。狼だけどまだまだ子犬チックな可愛さを持つマツカゼなどなど。

少しずつ住んでいる場所がにぎやかになっていくのが楽しくて良いですねー。

ソウジロウの他の転生者である、闇魔法の使い手である少女チグサもやってきたりして、一緒に暮らすことになったりして、話題には事欠かないわけですが。

 

……ハイエルフの伝手で街に資源を売りに行って、必要な調味料なんかを買い出しに言ったりも言ってましたが。

希少性ゆえにソウジロウの持ち込む素材は高値が付き……それなりの商会が手形を発行して、対応に苦慮するほどのありさまでしたが。

ミスティアが「浮世離れがますます加速して織るではないか」と言われているの、ちょっと笑っちゃいました。ソウジロウもこの世界の常識に疎いのに、そのあたりをフォローしてくれるミスティアが浮世離れしてたらそりゃストッパーないよなぁ……みたいな。

引きこもり箱入令嬢の結婚

 ico_grade6_3

《君を《箱のまま》認めてもらうために、君は君のままチカラを振るってもらいたいんだ》

《『箱のまま』で良いのですか?》

《もちろん。『箱のまま』でいてこそ君だと、思っているからな》

 

1巻が「婚約」だったところ、今回は「結婚」に至るまで。

モカは第二王子サイフォンの婚約者であるわけですが、対人関係に難がある「箱入り令嬢」。サイフォンも面白い事大好きな、変わり種と思われている部分があって。

一方で第一王子フラスコは粗暴な部分があると言われていたり、近ごろかねてより決まっていた婚約を独断で破棄して、新たな令嬢を婚約者に迎えた経緯があって。

今は引退してしているものの、現国王の叔父でもあるニコラス翁が社交の場に出てきて、「どちらの王子にも、現状では認めがたい部分がある」と言われてしまって。

 

関係を認めてもらうためにも、手を打ちたいところではあった訳ですけど。

フラスコの指示派閥は、サイフォンを排除しようと暴走しかけている過激派が居たり。フラスコの新しい婚約者コンティーナ嬢が怪しい動きを見せていたりして。

一方、婚約披露の際にも『箱』のままでその姿を現したモカにあやかって、平民たちの中では空前の「箱」ブームが始まって、彼女の箱をモチーフにした資材運搬用の箱が作られていたり、箱まで食べられる箱入りクッキーとかいろんなグッズが作られていたり、たくましい市民の姿見られたのは楽しかったですね。

 

お忍び調査に出向いた先で、同じくお忍びで動いていたフラスコと鉢合わせて、城で見ているのとは違う姿を見ることになって、フラスコとサイフォンの間にあった溝も今回の騒動を通して埋まっていったのは良かったですね。

モカ、自分の魔法を最大限活用した情報収集をして、情報屋としての顔まで持っていたとかで、箱入りという面白令嬢ではありますけどスペック高いんですよねぇ。

なんだかんだで最終的には裏で動いていた連中を排除した上で、自分の資質を認めてもらうことも出来たので良かった。



引きこもり箱入令嬢の婚約

ico_grade6_3

「逆に、チカラを……善きに使えば……きっと、それを上回る善きチカラに、助けてもらえる……時が、あります、よ」

 

幼少期に行われる魔性式で、一人一種の魔法を授かる世界。

父が宰相を務めるドリップス家の令嬢、モカ。彼女は幼少期から優秀で、幼いながらに父に連れられて社交の場でしっかりと振舞える子であった。

……しかし、だからこそ早い段階から、父に笑顔で近づきながらも裏では「目障りな奴だ」とこぼすような大人の醜さを見ることになってしまったり。

魔性式の場では身分を表に出さず振舞うべし、というルールを破った伯爵家令嬢の嫌がらせを受ける羽目になってしまって。

 

対人コミュニケーションが怖くなってしまった彼女が得たのは、『箱』の魔法であった、と。

箱の中に快適な居住スペースのある『箱』を創り出せたり。小型の『箱』に防犯カメラや盗聴器のような機能を持たせた魔法などを開発して、箱の中に引きこもりながらも、研鑽を怠ってはいなかったようですけど。

他人と会うのは怖いけれど、若者の成人を祝う会には参加しないわけにもいかず……『箱』のまま乗り込んでいったのは愉快でしたけど。

「宰相の娘は箱入り」というのは社交界では知られた話だったみたいですけど、物理で箱に入ってるって言うのは流石に予想外だったでしょうねぇ……。

 

そんな変わった見た目ながら、箱の中に取り込んで食事もできるし、毒が入っていたら分析もできる。

魔性式の際にモカを助けてくれた第二王子サイフォンは、モカの『箱』を面白がったのもあって、彼女との婚約について話を進めることになって。

モカも幼少期の縁で惹かれていた部分もあったので、モカの母が社交に不安の残るモカの婚約に懸念があるため、モカの意志を尊重しつつも反対の姿勢を示したり。

それを面白がらない令嬢たちによって横槍を入れられたりもしてましたが……。

王子に踏み込んで素顔を見せてみたり、能力を示してみたりもして。まだまだ人の前に出るのは苦手ながらも、変化していってるの良かったですね。

商人令嬢はお金の力で無双する

ico_grade6_3h

「サラ、お前がグランチェスターを名乗るのであれば覚えておきなさい。領主一族は領民を守るために存在する。飢えや外敵から彼らを守ることは我らの義務なのだ。なればこそ領民が納めた血税を横領した者らの所業を決して許してはならない」

 

商人の母と貴族の父の下に生まれた少女、サラ。

両親は駆け落ちしたためそれぞれの実家との縁は切れていたようですけども。父が事故で亡くなり、その後に母も病に倒れたことで、母の最期の手紙を受け取った父方の実家に引き取られることに。

しかしそこで子どもたちから「平民風情」といじめられ、池に落ちたところ見捨てられ死にそうになり……前世の記憶を取り戻し、魔法の力にも覚醒。

 

母の手紙を受け取った祖父はサラを庇護してくれているが、グランチェスターの家に入れて貴族として遇してくれたわけではない。祖父の死後、自分の立場がどうなるかは明るい展望がない。

ただ前世の記憶を取り戻したうえでみると、貴族令嬢としての生活水準は整っていて……トイレや風呂とかが無いのは、まぁ実際辛いだろうなというところではあります。

作中世界、男尊女卑というか女性にはアカデミーに通うことが認められていなかったり、いくつかの職業に就けなかったり制限が多い状況でもありましたし。

 

彼女はひとまずいずれ裕福な平民になろう、そのために必要な知識を身に着けようと決意することに。

そして祖父に直訴して、まずいじめっ子たちから離れるべく王都の屋敷ではなく、グランチェスターの領地に行くことの許可をもらって。そこで家庭教師をつけてもらって自己研鑽に励もうとしたわけですが。

 

……少し前に起きた横領の影響や、書式が統一されていない問題などもあって、そこでは大量の仕事が積みあがっていた。

それを放置できずにサラは元キャリアウーマンとしてのスペックを存分に発揮して、仕事をさばいていくことに。前世でも今世でも労働を経験した女性であったサラは、メイドたちにサポートを頼める部分は頼みましょう! とバリバリ改革を進めていくことに。

 

そこで自身のスペックを認めさせて、少しずつ自分のできる事を増やしていく話。自身が8歳の少女なので、この世界では認められてこなかった「女性の実力のある職人」を引き込んでいくの良いですね……。

「商人令嬢はお金の力で無双する」というタイトルですけど、1巻時点では状況説明とまだ足場固めみたいな感じで、言うほどお金で無双してないですけど物語が広がっていきそうな面白そうなネタは仕込まれているので、続きは読んでみたいかな。

プロフィール

ちゃか

 ライトノベルやコミックを中心に、読んだ作品の感想を気儘に書き綴るブログです。
 新刊・既刊を問わず読んだタイミングで記事を作成しております。
 コメント歓迎。ただし悪質と判断したものは削除する場合があります。

メールアドレス
kimama.tyaka@ジーメール なにかご依頼等、特別連絡したい事柄はこちらにお願いします。
メッセージ
アーカイブ
カテゴリー
記事検索
最新コメント
  • ライブドアブログ